ソニーVAIOの画像アプリケーションPMB(Picture Motion Browser)

2010年1月23日(土)に開催されたPMB体感イベント&貸出しに参加しました。

11208-2260-159053

本日のスピーカー紹介撮る楽しみ、撮った後の、さらなる楽しみ

デジカメが普及したおかげでプリント代を気にせずに撮影できるようになり、写真を撮る量が一気に増えているのではないでしょうか?

デジタルカメラ以前は海外旅行に行くと大体36枚撮りのフィルムを1日1本のペースで消化していました。ディジタルカメラになった今では1日に100枚以上撮影するのは当たり前。さらに、動画機能もデジタルカメラは持っているのでビデオ撮影も何本か撮影してしまいます。

で、そんなに大量に撮影した写真やビデオはどうしています?

私の場合はブログに厳選した写真を貼り付けて、その他はオープンソースのアルバムソフトを利用して専用サーバに保管して公開しています。しかし、よっぽどのことでなければ専用サーバなど使う人はいなくて、Flickrなどのアルバムサービスを使う人は多少いるけど、大半はパソコンに保存している人がほとんどではないでしょうか?

まめな人は色々な分類をして階層化したフォルダーに写真を格納する人もいるかもしれませんが、適当に名前を付けたフォルダーに入れているのが現状ではないでしょうか? そうすると後から検索できなくなり結局は死蔵してしまっているということになりかねません。

そんな状況を改善してくれるソフトにソニーVAIOの画像アプリケーションPMB(Picture Motion Browser)があります。今回はこのソフトのレビューのために一緒にソニー(VAIO) VAIO Lシリーズも貸出してくれました。

ソニー(VAIO) VAIO Lシリーズ L119 Win7HomePremium 64bit Office シルバー VPCL119FJ/S
B002S55A2I

11208-2260-159053

整理の基本は撮影日時でしょう。写真データに含まれるexifのデータを読んで日時別に整理してくれるので特に考える必要はなし。

取り込んだ写真をカレンダーで整理

あとは「確か去年の秋に旅行した・・」なんて、手がかりからカレンダーのUIにより簡単に探せるというもの。さらに、人物の顔認識という機能もあってこの人物の写真という検索もできる。子供の顔で検索すると成長過程が次々と確認できるので、お父さんお母さんには嬉しい機能です。

ということで順次レビューを掲載する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました