「ウエスタンデジタル」ブロガーミーティング キーワードは品質

AMN主催の「ウエスタンデジタル」ブロガーミーティングに参加してきました。

外付けHDD

私の頭の中ではウエスタンデジタル=ハードディスク・メーカーのイメージはあるけど、外付けHDDを商品として出しているメーカーのイメージはありませんでした。あくまでもハードディスクというパーツを製造しているメーカーというイメージしかなかった。

ウエスタンデジタルの澤田氏

ウエスタンデジタルの澤田氏プレゼンテーションではいかにウェスタンディジタルが品質にこだわっているのかを語られました。

他のところでも良く言われることですが日本はとにかく品質にきびしくUSでは家電に使われる品質は最低ランクのDだけど日本の要求品質は3Aクラス。愚直に日本のメーカーの要求する品質水準に対応することにより徐々にシェアを伸ばしていったとのこと。3.5″では日本でシェアNo.1をとっています。

さらに日本のレコーダーに採用された際には音を出すな、消費電力を削れ、発熱するなと厳しい要求をつきつけられなんとか対応したと言われていました。

WesternDigital My Book Essentials 外付けハードディスク 2TB USB2.0 Black WDBAAF0020HBK-JESN B002JN554C

ディスクは消耗品

また、日本データ復旧協会理事の浦口氏からはデータ復旧 の観点からハードディスクの選定や使い方を説明されました。やはり、写真のプレゼンにあるようにディスクは消耗品ということ。なので、バックアップは大切 だけどバックアップしている日本のユーザは少数派とのこと。実は私もバックアップはとっていません・・。大事な写真などはローカルのディスクとレンタル サーバの両方に入れているのがバックアップかな~。

また、作業を日 付単位のフォルダー配下に置くという運用により万一の時に最低限どこまで復旧されればよいという目安をつけやすいということもアドバイスとして言われてい ました。

昔はディスクのバッドブロックが徐々に増えてデータロスと いうのを経験したことあるけど最近のディスクでは故障の経験なしなので本当にバックアップなんて何もしていないんですよね~。でも、不幸は突然やってくる し。手軽なバックアップソフトを紹介して欲しかったな。

それと、例 えばテレビ番組の録画用のディスクは他のものと違うスペックなのかということや今後の進化の方向性など聞きたかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました