JIN—仁— 20 読了

JIN—仁— 20 最終巻を読み終わりました。

JIN—仁— 20 (ジャンプコミックスデラックス) [コミック]4088598717

仁と咲が結ばれればいいのにと購入直後に書きましたが、18ページ、19ページの見開き2ページを使って仁が咲に20巻開始早々でプロポーズしているではないですか。

徳川幕府の終焉を背景に仁を狙っていた黒幕がとうとう姿を現し対決する過程で、仁がそもそも江戸にタイムスリップするきっかけとなった男の正体が明かされ大団円と向かう。

謎に付いての種明かしはやや性急な感じで無理矢理感が多少するが、それなりに理屈をつけて読者に提示しているのでよしとしよう。そして、終わりかたはもう一人のヒロインである野風(その人ではないけど)が出てきて、咲とは不倫とはならない感じで(こう書くとなんのこっちゃとなりますが)いい感じになりそう。江戸時代に仁が夢を見て頑張った方向性のハッピーエンドで読後感は爽やか。

2011年4月からのドラマへの期待が高まる原作の完結のさせ方です。でも、もう5巻くらいはいけたのではと思うくらいの駆け足のような気もしましたがドラマが良ければそれも目をつむろう。(偉そう・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました