BLACKRAPIDで東京スカイツリーを撮影

5月4日に家族で東京スカイツリーを見学に行きました。今回は快適にデジタル一眼レフカメラが携行でき、またすばやく撮影体勢に入れるストラップBLACKRAPIDを装着してα550で撮影してみました。

R-ストラップ RS-SPORTB004FI151G

使ってみての感想はやはり、撮影しないときは両手が自由に使えるのはとても便利ということ。特にデジタル一眼レフのようにコンパクトデジタルカメラより格段に大きくて重いものを持って旅行に行く場合は手放せないアイテムだということが実感できました。

撮影した東京スカイツリーがこれ。北十間川の近くで撮影したので見上げる感じで撮影しました。

東京スカイツリー

BLACKRAPIDはこんな感じて装着していました。

BlackRapidBlackRapid

撮りたいときに右の写真の位置から、左の写真の位置へすぐさま構えることが出来るので、シャッターチャンスを逃すことはありません。そして、撮影しないときはぶら下げておくだけなので両手を自由に使えることが出来るので食べたりお土産を選んだりすることができます。

今回、失敗したのは目線の位置で撮影するのはいいのだけけど、東京スカイツリーのように見上げるような形で撮影するときにストラップの遊びが少なくてえびぞりの様な姿勢で撮影する羽目になったこと。おかげで普段使わない腹筋を使ってしまいました。

ストラップの調整をしてもう少し長く伸ばしておけば楽にカメラを斜め上方に構えることができたはずです。次回の教訓にしておきましょう。

こちらの記事もどうぞ。ブラックラピッド R-ストラップ RS-SPORT 買いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました