「それでも僕らは走り続ける ラン・オン」(런온) 第1話

「それでも僕らは走り続ける ラン・オン」第1話 あらすじ

Netflixで「それでも僕らは走り続ける ラン・オン」が配信開始されました。

第1話ではキ・ソンギョム(イム・シワン)とオ・ミジュ(シン・セギョン)との出会いと彼・彼女の背景を描きつつ、脇を固めるキャラクターたちの紹介という感じで話が進められました。

陸上短距離走 国家代表 キ・ソンギョム

国会議員の父と有名女優の母に持ち、プロゴルファーの姉がいる。
「○○の息子」と呼ばれることが多いことが彼の性格に影響を与えていることは間違いないところだと思う。

短距離走の代表選手であともう少しで9秒台を出せそうなポテンシャルを持っている。

ニヒルでクールな感じはするけど後輩が受けている虐めに真正面から意見したり、オ・ミジュが銃を奪った男を追いかけているところを目にしたら助けたりして正義感が強く、他人への関心は高い。だけど、空気は読まずに一直線の思考をする人。

翻訳家 オ・ミジュ

かつて見た映画の字幕に感動して映画翻訳家になった。映像を繰り返し流して翻訳した言葉が適切かを確認する地道な仕事をする一方で撃ち殺していくアクションゲームが好きでモデルガンも大好きな一面がある。

負けず嫌いで我を通すことがあり、それで酒の席でかつての先生である教授のお酌をせずに言い争いをしてしまい、挙句の果てにカツラであることを暴露するハプニングが発生する。
おかけで、元カレの監督の通訳を教授に取り上げられてしまい、別の通訳の仕事を人参を手土産にして無償でもらうことに。

この通訳の仕事が国家代表 キ・ソンギョムの通訳ということで二人は繋がっていく。

ソミョングループ 常務 ソ・ダナ

キ・ソンギョムをマネージしているスポーツエージェンシー「ダン」の代表。

第一印象はいけ好かない女。悪役になるのかしら?

キ・ソンギョムの通訳がどこの馬の骨とも知らないオ・ミジュということで、自分がやるから通訳はいらないと言い放ち、それでも欲しければ土下座したらという高慢ちきな態度とる女です。

かつてはキ・ソンギョムが好きだった女性のようですが、今後、どうなるのでしょうね。

美大生 イ・ヨンファ

絵を描いている美大生

オ・ミジュがモデルガンをばっくれて逃走した男を追いかけていた時に偶然居合わせていました。さらに居合わせたキ・ソンギョムがイ・ヨンファが持っていたポスターケースをやり投げの要領で頭にぶつけて気絶させています。

韓国ドラマでありがちな世間は狭いというものですね。

こちらの美大生 イ・ヨンファはどんな役割を持っていくのでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました