お菓子市場の中のモンテールの位置づけ

モンテールでパパメンスイーツ部発足!!記念イベントに参加して、お菓子業界ににわかに興味を持ってしまいどんな市場・業界なのか調べてみました。

まずは市場規模を調査。全日本菓子協会と全国菓子卸商業組合連合会が運営しているe-お菓子ねっとに統計情報がありました。

12564-2260-255402

市場規模

モンテール売上額は同社サイトより転載

単位(億円)

 平成21年 平成22年 
 生産額小売額生産額小売額
洋生菓子3,6504,6103,5804,530
(モンテール売上額)237 236 
お菓子全体23,97032,57023,66032,080

洋生菓子というセグメントで6~7%、お菓子全体では1%のシェアをモンテールは持っていると言えそうです。また、平成21年と22年では売上額が横ばいですが平成23年では242億円と伸ばしています。1991年の売り上げは23億円程度ですので、そこからすると20年間で10倍に伸ばしている優良会社とも言えます。

お菓子何でも情報館によると生菓子製造業の事業所数は7,424で、100人以上の従業員がいるところが518ということで小規模のメーカーがひしめきあってやっている業界のようです。そんな中で売上200億円以上、社員とパートあわせて700名のモンテールは大手ですね。

なんちゃって市場調査

私の行動範囲のスーパーを調査したところ、

  1. 東急ストア日吉、白金台 モンテール強し
  2. OKストア日吉(うちの奥さん情報によると) モンテール強し
  3. プレッセ (Precce) 目黒店 モンテール強し
  4. THE GARDEN 白金台 モンテール・・・なし。

となりました。スーパーではなかなか存在感を持っていると言えます。

同業他社にはどんなところ? 東急ストアでモンテールと一緒においていた洋生菓子のパッケージをじっと見つめて製造業者を確認したところ下記の業者がありました。

  1. 【アンデイコ】栄屋乳業 売上78億円
  2. オハヨー乳業 売上455億円
  3. 株式会社 ドンレミー 売上54億7000万円
  4. プレシア 売上121億円

上記の会社はすべて洋生菓子というわけではなく、私の勘違いで洋生菓子のカテゴリーに入らない会社かもしれません。

勝手に将来を夢想してみる

日本は少子高齢化となっていくため、普通にやっていると食べる人口は少なくなりしかもお年寄りはそんなには食べないことからお菓子全体からするとジリ貧となることが予想される。

そんな中でやることは、モンテールがやっているように新しい購買層(女性から男性へ広げる)の開拓があるでしょう。

さらに、保存料を使わないで生菓子ということで、冷凍設備のある棚と保存期間短いことから工場の近くで販売という制約がある。この制約を突破できるような技術革新—たとえば、常温で長期保存できる安価なパッケージングができると販売できるお店を増やすことができるし、ひょっとしたら海外展開もできるかも。まあ、こんな技術革新できるとおそらく小さな事業者は淘汰され大手に統合されていくトリガーになるかもしれませんね。

12564-2260-255402

コメント

タイトルとURLをコピーしました