チャングムの誓い 第23話「横領発覚」

今回はハン尚宮(サングン)が競い合いのやり直しを皇太后に願い出て認められるところからスタート。

家庭で作れる「チャングム」の韓国宮廷料理

認められるにあたっては皇后のフォローのおかげがある。その中で前回、私が疑問に思った尚宮(サングン)達が認められないとしている真の理由である身分の低い点について、全権を与えることによってしか払拭できないということを見事に皇太后に納得させる。今回の話のポイントは以下の4点。

  1. ハン尚宮(サングン)がチェゴ尚宮(サングン)として権威の確立
  2. それとともに皇后が皇太后から実権を奪取開始
  3. チャングムの=ハンサングンの友人と明らかになる下地つくり
  4. チャングム・ハンサングンと宮廷の影の黒幕との対決姿勢鮮明
今回もあっという間の一時間でした。


ハンサングンの競い合いの願いが聞き届けられて出てきたのを迎えるうれしそうなチャングムの顔とちょっと目をそらしてしまうハンサングン。目をそらしたのはこれからの大変さを感じたのか弟子に教えられた照れくささなのか?そして、皇后の名前で召集がかけられます。みなを前にして強圧的に「今回のことは許されない」旨を言ってのける。これは自分の権威を高めるための行動ととってよいでしょう。今後は皇太后より自分に従いなさいというメッセージなのでしょう。最後の課題は「ごはん」・・・銀しゃりかよーー。番組の最後のごはんの解説でアップで映っていたのを見ると日本と同じ種類のお米に見える。お米については夏子の酒と韓国を参考に。二人のごはんが炊き上がります。それぞれ白磁と真鍮の器にいれられて出てきます。皇后が聞くと食べたサングン達はチェサングンが炊いた白磁の方が歯ごたえがあってやわらかいということで、おいしいと言います。ヤバイ!!ハンサングンの負け?皇后は落ち着いて「勝負はあったみたい」なんて言います。まあ、皇后にしてみればどちらが勝っても自分の権力が確立できているのでどうでもいいのでしょう。ところが、5対9で真鍮つまりハンサングンの方がおいしいと投票しているのでした。なんという思わせぶりな演出。あざといぞっと!!それにしてもあのころの宮中でサングン達はハングルで文字書いたのかな??真鍮のうつわのごはんの方がおいしいとしたサングンの理由は「固めが好みだから」「柔らかめが好みだから」と矛盾したことを言います。実は釜の中の片側に器を入れることにより固め、普通、柔らかめのごはんが炊けるのです。しかも、各人の好みをハンサングンはしっかりと知っていて好みに合わせて出すという技を出したのです。これは料理の工夫でクミョンがアドバイスしたやり方を上回りかつ反目しているサングン達をそんなに自分達のことを見ていてくれたのかと思わせて従わせるという2重に優れた方法でした。こんなことは出来ません・・・私には。チェゴサングンの任命式で見せたチャングムとクミョンのそれぞれの涙。そのあとのみながチォサングンを避けて行く様。いやー人って恐ろしい。そこまで、露骨にすることないじゃん。あんたら、みんなチェサングンから色々ともらったんだろう。手のひら返すかーーー。任命式の後、悠長に前任者の墓参り。まっ、話の展開上必要なのでしょう。帰りにチャングムのお母さんの墓参りも。自分の親友とは知らずにお辞儀するハンサングン。もうすぐ、わかるよーんという伏線 ふ く せ ん。しかも、二人が作った甘酢に手紙を入れるチャングム。ハンサングンに言っちまえよー。早いのに。王から「面白い話を聞かせくれるかな?」という問いかけに「女官たちをせかす能力があるのでネタをみんなに催促します」と答えるハンサングン。教育の一環なのね。教育といえば、ミンサングンを王の兄の誕生日の料理に使わす。「あなたを信じているから」くっーーー、部下育成と部下掌握を一挙にやっているよーー。人事異動の発表で、チャングムは出納係に。面白くなくて拗ねているチャングム。可愛いね。ちゃんと、いいことあるよ。ジョンホと会えるでしょ。会っているときのチャングムのとってもうれしそうな顔、いいですね。さーて、翻ってチェサングン。パンスルから「苦しいときは苦しみを受け取るしかない。痛みが骨身にしみるほど機会が早く来る。身を低く低く、反省また反省し時を待て。いや自ら時をつくれ」との言葉を送ります。言葉だけはすごく立派。でも、何を反省しているのだろう。チェゴサングンに策を弄しても出来なかったやり方を反省しているだけなのでは?でも、地位にこだわるチェサングンの姿には私のないものを持っていて尊敬してしまう。そし、チャングムの調査から各調理場からの返納が前月の倍あったことが判明。今までは半分をネコババ。当然、財政建て直しを図っている王にとってはちょー怒りになるでしょう。しかし、宮中のしかるべき地位の人たちの多くが関与しているので、逆襲が予想されます。女官長がチェサングンに「助けてくれ」と頭をさげるくらいなのですから。そして、チェサングンがチャングムが調べていることが何かを探ってこいとヨンノに指示したことにより、チャングムの母の日誌ごと奪われる羽目に。さあーーー、どうなる。でも、帳簿よりも日誌の方を心配するというのは気持ちはわかるが公には帳簿の方を心配するもんだぞ。次回が待ち遠しいぞっと。

コメント

  1. Bird Eyes より:

    チャングムの誓い 第23話「横領発覚」

    ハン最高尚宮の直訴から、すぐに競い合いとなったんですね。
    なるほど、それならチェ一族の妨害も入らないでしょう。
    そして、見事に勝ちましたね。
    チェ尚宮の押しつけ(?)の工夫でなく、ハン最高尚宮の一人一人にあ…

  2. 『チャングムの誓い』(23話)~~嬉し涙と悔し涙

    宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX 1ハン尚宮とチェ尚宮の一騎打ちは即決で始まりました。
    あのやけに目ヂカラのある皇后様の判断はスバラシイ。
    そしてもちろん結果はハン尚宮の勝利!
    ほ~ほっほっほ、やっぱり実力も…

  3. mitomito より:

    チェ尚宮や女官長も怖いけど、チェ尚宮派だった尚宮たちがいっせいにそっぽを向いたのが怖かったですよね。
    女ばかりの世界のいやーーな部分を見せつけられたって感じです。
    チェ尚宮とチェ一族は色々手段を持ってそうだから反撃にでるんでしょうね、、

  4. シェリー より:

    こんにちはー!
    >でも、地位にこだわるチェサングンの姿には私のないものを持っていて尊敬してしまう。
    私にもないので(笑)
    本当にチェ尚宮って、やってることは卑劣ですが、憎めないキャラですよね。あの統率力もすごかったなあ~!

  5. stanaka より:

    mitomitoさん、本当はドラマよりも現実の方がもっとすごかったのではと想像してしまいました。今後のチェ一族の反撃が楽しみです。(不謹慎?)
    シェリーさん、そーなんですよね。憎めないし、当たり前だけど完全なダークでもない。悔し泣きしている姿を見ると、彼女なりに貫こうとしているものがありスゴイと思ってしまいます。

  6. チャングムの誓い #23「横領発覚」

    3月24日放送
    なんと、皇太后が皇后に権力を譲りました。
    これにはびっくり。
    皇太后はチェ一族寄りだったから、
    チェ尚宮としては思わぬ誤算だね。
    そして、皇后によって
    ハン尚宮とチェ尚宮の競い合いのやり直しが正式…

  7. […] BS放送のときの感想はこちらの宮廷女官チャングムの誓い 第23話 「横領発覚」でどうぞ。 […]

タイトルとURLをコピーしました