ニュー・ワールド

ニュー・ワールドの試写会に行ってきました。ブロガーだけを集めた試写会と銘打って開催されました。最初に辺見えみりのトークショーがあって彼女の感想やらブログの話がありました。彼女のブログを始めて見ましたが日記風のブログなんですね。思ったより細いのでびっくり。

ニューワールドはディズニーでもアニメ化されている実在の人物であるポカホンタスを題材に二人のタイプの違う男性を愛した女性を描いた映画である。パンフレットのキャッチを引用すると「一瞬で一生を変えてしまう運命の恋と、一生変わらない愛・・・・」って、冬のソナタのチュンサンとサンヒョクを行ったり来たりするユジンのことか~~と突っ込みを入れたくなりますが、もっと抑えた穏やかな感じのする映画と成っています。

ポカホンタスポカホンタス
ジェイムズ・ペンテコスト

ヘラクレス ポカホンタス II イングランドへの旅立ち ムーラン スペシャル・エディション シンデレラ プラチナ・エディション (初回限定生産) ノートルダムの鐘
by G-Tools

ヒロインを演じているクオリアンカ・キルヒャーは美人とはいえないが笑うととてもチャーミングになる顔をした女優さんです。なかなか、よいですね~~。

出会いと恋に落ちて

イギリスから新天地にやってきたスミス大尉は原住民に殺されそうになるが、すんでのところでポカホンタスに助けられる。彼女は王の末娘であり王の娘の中では一番美しく、頭の良い子だとのこと。彼女が恋に落ちる瞬間というのはキャッチコピーほど劇的ではなく自然な感じで惹かれていった感じてある。とにかく、彼女が夢中になりスミス大尉は若干とまどい気味で君に相応しい男性ではないと言ったりしている。きっと、彼女のピュアな性格に対して、自分は相応しくないと感じて引いた発言をしたのでしょう。どんどんと接近する二人・・・。

極限状態を耐える

王からは立ち去ることを条件に戻される。もちろん、彼女とは別れることになる。砦で越冬するが食料がなくなったてしまい大変なことになるが、そこへ食料を持って現れたのがボカホンタス。一息つくことになるが、スミス大尉はこんなことしたらお父さんから怒られると言う・・・うれしいくせに。

戦い

まだ立ち去っていないことを知った王は砦を攻める。どんどんと植民地側はやられていき全滅になりそうな気がするのだが意外と耐えてしまうのは謎。

人質と別れ

ポカホンタスを人質にして砦の安全を得ようとする部下に対して恩人に対してそんなことは出来ないとするスミス。しかし、指揮権を剥奪されポカホンタスは人質となる。やがて春になりイギリスから船団が戻ってくる。スミス大尉は国王からきたの海岸を調査せよという指令が。スミスはその指令を受けることに死、におぼれて死んだことにしてくれと言い残し離れる。悲しむポカホンタスにスミスが死んだというニュースが追い討ちをかける。

新婚時代

やがてタバコ栽培農園を経営するロルフに見初められ結婚する。ロルフはあくまでも一歩引きつつ彼女が自分を受け入れてくれるまで待つというスタンスで彼女とゴールインしたのだ。この二人は攻守ところを変えて能動的にアプローチするのはロルフ。彼女はスミスのことを思い躊躇するが次第に引かれて結婚する。

イギリスへ、そして再会

国王が謁見したいということで一路。イギリスへ。また、そのころポカホンタスにはスミスが実は生きているということが耳に入る。とうとう彼女はスミスと再会する。再会した彼女は二人の男性のどちらを選択するのか??

やはり激しい恋、とても違った男の人に女性は惹かれるのだろう。でも、ロルフのように穏やかであくまでも彼女のことを思って愛してくれる男性も捨てがたいのではと。←ますます、書いていてサンヒョクかお前はと思ってしまった。一生をともにするのなら穏やかな方を私なら選択しますが、あなたはどうでしょうか?

コメント

  1. MovieFun!! より:

    ニュー・ワールド

    ニュー・ワールド:2006年4月22日日本公開主演:コリン・ファレル、クオリアンカ・キルヒャー、クリスチャン・ベール監督:テレンス・マリック今日、運よく試写会を見にいけました。試写会のゲストに辺見えみりさんも…

  2. hana*log より:

    「ニュー・ワールド」試写会

    中学生の頃からネイティブアメリカンに興味を持ち、はながうちに来る前は、ニュー・メキシコ/ユタ/アリゾナ/サウス・ダコタなどなど、年に1回は必ず行っていた私。
    そして、『前世はきっとポカホンタス!』と信じ…

  3. yukiko より:

    はじめまして。
    hana*logのyukikoと申します。
    「ニュー・ワールド」の記事へのTBありがとうございました。
    また何かおもしろい試写会があるといいですね♪

  4. oko より:

    こんにちは。
    知りませんでした。
    映画は無理っぽいから、ビデオ化されたら絶対に見ます・・・っていつの事やら。
    ポカホンタスの「カラー・オブ・ザ・ウィンド」は私のカラオケ18番(人に迷惑な18番だけど)
    この詩がとても大好きなんです。
    家でステレオの音を大きくして、それにあわせて歌うので(しかも本気で)子供たちには大不評です(-_-;)

  5. stanaka より:

    yukikoさん、はじめまして。
    会場で接近遭遇してたかもしれませんでしたね。
    こういう企画はいいですね~~。
    okoさん、こんばんは。
    実はディズニーのポカホンタス見ていないのです。今度、借りてみて比較してみようかしらん?

  6. ニュー・ワールド ポカホンタスの恋

    ブロガーだけの試写会で観た映画ニュー・ワールド。←オフィシャ

タイトルとURLをコピーしました