Benesseサイエンス教室 工アーリフティング

44f00ab7c4975-img046-small.jpg

8月のサイエンス教室は最初にろうそくの火をどうしたら消えるかを3つの方法をチーム毎に考えるというところから始まった。仮説検証の実践だ。


チーム名を決めて、みんなで方法を考え、書き出していく作業をする。娘は女の子ばかり3人組のチームだ。
1、扇風機
2、巨大うちわ
3、空気砲
とアイデアが出される。
扇風機では消えない。うちわを顔を真赤になりながらあおぐが、消えない。空気砲はうまくすると消えるチームもあった。
扇風機は火がゆらゆらして消えそうで消えない。空気砲はふっと消えた。
どうして空気砲では消えたのか?空気の固まり?が出たから?
線香の煙をためた空気砲で実験。ドーナッツの形をした煙が飛び出す。
押し出し方によって空気の力が変わることがわかる。
扇風機は空気を拡散してしまう。
もう少し、突っ込んでほしかった。これだけで終わらせるのはもったいない。と、思っていたらホバークラフトの工作が始まる。空気を集中させるということを理解させるのかな。
そして.ブロワーの大きなのとポリバケツのふたで作ったホバークラフトにみんなを乗せる実験も行なう。私も乗りました。ちゃんと浮いて軽く動くのが実感されました。

コメント

  1. benesse調査隊 より:

    benesseまとめさいと

    benesseのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました