チャングム考 その1

その1があると2はあるのかというと多分・・・。

韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 前編

実はマロリーな日日というブログで「チャングムの唯一の欠点」ということで論考されているのを読んだところとても面白い。それに触発されてというかほとんどコメントレベルなのだが書いてみたい。ビジネス・パーソンとしての能力という観点から論考されている。3部作からなっているが、別の観点を提供したい。チャングムにとってのメンターの存在である。4人のメンターが今のところの展開ではいる。一人目は母、二人目はハンサングン、三人目はチョンチェゴサングン、四人目はチャンドクである。なんて、素晴らしい教育者がチャングムの周りにいるのでしょう。ある意味彼女が呼び寄せたとも言えるでしょう。


このメンターがいなければチャングムのあの能力は開花しなかったことでしょう。指導者にいかにめぐり合うかあるいは呼び寄せるかというのは意外とビジネスパーソンとしての重要な能力のひとつかもしれません。今の会社できちんと育成できる人っているのだろうか・・・。まぁ、出来る人は何しても出来るようになるという考えもありますが、出来る人の周りにも優秀なメンターがいるのだと私は思います。チャングム考 その2はこちら。

コメント

  1. 素晴らしきかな大長今

     今年もいよいよあと二日となりました。今年一番のドラマといえばやはり韓流「チャングムの誓い」!!!う?ん、日流「海猿」も捨てがたいところですが、やはり54話のスケールの違

タイトルとURLをコピーしました