夕凪の街 桜の国

記憶が心にしみる

「夕凪の街 桜の国」を試写会で観ました。「夕凪の街 桜の国」は、こうの史代作の漫画。映画を観るまでそんな漫画が存在し、韓国、フランス、米国で翻訳されて出版までされているなんて知りませんでした。原作の漫画は読んでいないので映画のみを観ての感想となります。

広島で被爆した3世代に渡る物語。原爆漫画というと「はだしのゲン」が有名ですが、「夕凪の街 桜の国」は声高に原爆のことを叫ぶのではなく、被爆したことを通してそれぞれの想いと前向きに生きていく情景を描くことにより、心をゆさぶられる作品になっている。泣けます。レビュー書いてて、記憶がよみがえりちょっと涙が込み上げてきたりします。

夕凪の街桜の国
edit

夕凪の街桜の国
こうの 史代
双葉社
¥ 840 (定価)
¥ 840 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本
在庫あり。
(価格・在庫状況は12月18日 15:30現在)

夕凪の街 桜の国@映画生活

皆実と七波

昭和33年を生きる女性、皆実を麻生久美子、現代を生きる女性、七波を田中麗奈が演じている。七波の父親である旭は皆実の弟である。映画のパンフレットやスタッフロールでは田中麗奈がヒロインの扱いだが、実質的には圧倒的に麻生久美子がヒロイン。皆実が昭和33年の皆が貧しいながらも懸命に生きていた時代で、被爆したことを背負いながらも前向きに生きていた演技がなければこの映画は成立しない。田中麗奈演じる七波は父親の不審な行動をつきとめるために尾行することにより3代の家族の生き方を狂言回しのように語る役どころ。ラストでは弟である凪生と東子の間をとりもつキューピット役をやって将来への明るい希望を感じさせるラストにしている。

心に残るシーン

皆実が原爆について語るセリフ「原爆は落ちてきたんじゃない、落とされたんだよ」会話の流れの中で抑え気味のトーンでしゃべっているのが逆に胸につきささるセリフ。

銭湯のシーンで皆の体にケロイドがあること。普通の当たり前のシーンとして登場。これまた声高には強調せずに観ているものに感じ取ってくれとしている場面。

お地蔵さんの向かって右半分が削り取られている。映画では皆実たちがこの近くで川を見ながら語ったりしていて何回も出てくる。

皆実たちが住んでいる「原爆スラム」。私が幼少のころと時代的には完全に被る。確かにあのころは皆貧しかったけど、長屋みたいなところに住んでいた子供の自分は別に貧しいなんて思わなかった。周りも同じだったもんね。と、あのころを思い出した。

3つの恋の物語

一つ目は皆実と打越の恋。打越が皆実に好きな人への贈り物を見てくれないかと頼まれて選んだのが金魚の絵が入ったハンカチ。突き返されても涙を拭くのに使えるから選んだと語る。打越が渡した相手は皆実・・・べたな展開だけど皆実は原爆で妹をふくめて多くの人が死んだから自分は幸せになる資格はないと感じている。そのために打越を好きなのに臆病になってしまう。そして、皆実は被爆の後遺症で恋を成就させることなく死んでしまう。

次は旭と京花の恋。京花は旭の母親の手伝いをしたり、学校の勉強を旭にみてもらったりして、仲良くなっていく。しかし、旭が結婚したいと言ったときに、旭の母親である平野フジミは京花が被爆していることを理由に反対するが旭は転勤の時にプロポーズして結婚。京花も血を吐いて死亡する。

最後は凪生と東子の恋。東子は両親から凪生が被爆者の家系であることを理由に結婚に反対される。しかし、七波と一緒に旭の尾行に付き合って広島へ行き平和資料館の展示に衝撃を受ける。しかし、広島での経験から凪生との愛に正面から向かい合おうとする。

最後は希望を持たせるもので余韻をしっかりと残してくれる映画です。とても良いです。

コメント

  1. 夕凪の街 桜の国

    ブロガー試写会に当選したので行って来た。会場・五反田イマジカ第二試写室70人収容。会場への地図があったにもかかわらず、なぜか道に迷った。ロビーが改修中で中から入れなかったためだ。裏に守衛さんが居たので聞けばよかっただけのことなのに、絶対の自信があり、立…

  2. ヒビブロ より:

    胸ひしぐ

    『夕凪の街桜の国』の試写会があたって行ってきました。原爆が投下されたヒロシマを描いた作品。と言っても、直接戦争を描いているのではなく13年経った広島と、その後から現在の広島の話。被爆によって心にも身体にも大きな傷が残る。それは、戦争中だけの過去の話ではな…

  3. NAO より:

    こんばんわ、
    この映画は愛の物語ですね。
    いない人への募る思いや、なくした家族への思いと、恋人への恋心。
    世界に見せて、戦争による、心の痛みについて、みんなに考えてもらいたいですね。

  4. stanaka より:

    NAOさん、こんばんわ
    切ない愛の物語でしたけど、最後の東子と凪生との恋で明るい余韻を持った映画になっていてさわやかな感じを持ちました。

  5. hyoutan2005 より:

    stanakaさん。
    お久しぶりです。
    チャングムの話題以外でコメントを書くのは初めてですね(笑
    私も同じ試写会に参加していました。
    うっかりしていると見逃しそうな作品ですが、試写会で知り、観ることができてよかったです。
    チャングムのイベントやら何やらで結構同じ空間にご一緒したこともあるので、今回また同じ場に同席させていただいていたことが何だか面白かったりしています。
    TBがうまく送れないようなのでURLをウェブサイトのコーナーに貼り付けておきます。

  6. stanaka より:

    hyoutan2005さん、お久しぶりです。
    同じ場にいたというのは結構不思議な感じがしますね。サイバーな空間とリアルな空間がつながっているような。
    TBについてはちょっと調べてみます。

  7. まっすぐな映画

    7月28日公開の『夕凪の街 桜の国』を
    一足お先に観ました
    佐々部清監督のこれまでの作品と
    僕は、どうも相性がよくありませんでした
    『半落ち』、『四日間の奇蹟』、『出口のない海』…

  8. シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー より:

    夕凪の街 桜の国

    長く生きて。そして忘れないで。とあるTV放送局の街頭インタビューで、8月6日が何の日か若い人に聞くと、答えられない人が多いのだそうだ。8月6日とは広島に原子爆弾が投下された日である。本作品は広島に落とされた原爆を題材に、過去と現在というふたつの時代を描き出す。原爆被害という重いテーマを取扱っているが、身構えて観賞する必要もなく、さらりと見ることができる。ただし、そこに息づくテーマはかなり重い。本作品は、こうの史代原作の漫画「夕凪の街 桜の国」を映画化したもの。漫画は韓国、…

  9. ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! より:

    【2007-109】夕凪の街 桜の国

    人気ブログランキングの順位は?
    広島のある
    日本のある
    この世界を愛する
    すべての人へ
    広島 あの日から十三年
    消し去れぬ想い
    そして、現代
    ふたつの違う時代に生きる二人の女性が、
    今ひとつの物語を紡ぎはじめる。
    生きとってくれて あ….

  10. 夕凪の街 桜の国

     期待以上の作品でした。心揺さぶられる作品であるにもかかわらず、よくみると書法はきわめてストレートで技巧的なところはほとんどありませんでした(あるいは決して目立たぬような技巧を駆使しているのか)。  

  11. 夕凪の街 桜の国

    希望は咲き誇る。

  12. No.100 夕凪の街 桜の国

    原爆投下から13年経過した広島、
    「夕凪の街」と平成19年の東京を舞台にした
    「桜の国」の時代を超えて原爆の記憶背負って
    生きる女性の物語です。

タイトルとURLをコピーしました