いばらの鳥 第15話「婚約の日」

今回はジョンウン、ヨンジョ、ユギョンそれぞれが厳しいことに直面した回でした。ジョンウンは強くなったかなと思ったら、ユギョンのちょっとした切り返しで動揺したり、ヨンジョはヨングクの嫌がらせを予測せずに案の定、足元をすくわれて解決策を見いだせないし、ユギョンは相変わらずの自己中でヨンジョを振り回すしといった救いようのない回でした。

いばらの鳥 DVD-SET 1
B005JY0GBU

ジョンウンの不幸

ヨンジョの元カノがユギョンとわかって衝撃を受け、さらにハンビョルの父親がヨンジョであることがわかる。ユギョンからは血は水より濃いと言われ

  1. 母親と慕っているイ・エリンはユギョンの実の母親
  2. 娘として育てているハンビョルはユギョンの実の娘
  3. 婚約しているヨンジョはユギョンの元彼

ユギョンからジョンウンは一緒に生活しているイ・エリン、ハンビョル、ヨンジョとは他人なんだと指摘されて動揺する。動揺した勢いで婚約式に撮った集合写真の自分がユギョンに空目してしまう。

さらには婚約したばかりのヨンジョはいそいそとユギョンのところへ行くという最低なことをされてしまうしどないなるねんて感じ。

↑写真はジョンウンが連絡がつかないヨンジョを心配してため息ついていた場所である清渓広場のスプリング。

ユギョンの不幸

ユギョンの不幸は自ら招いた不幸であり同情の余地は全くないけど、勘違いで一生を棒に振るほどのことをしてしまったのは悲しい女やね~。

ヨンジョはユギョンからすると自分を捨てた父親の息子であり、捨て去って陶然と思っていたら、実は捨てたのはガンウの父親であるチェ社長であることをイ・エリンから知らされて愕然とする。しかも、自らが手がける映画の出資者としてチェ社長と手を組んだばかりというおまけつき。

ヘジュ・ピクチャーズを奪うとユギョンは嘯いているができるのか?

ヨンジョの不幸

なんて、脇が甘いやつと思ってしまう体たらくを見せてくれたヨンジョ。ヨングクが先回りしてヨンジョが売り出そうとした服のデザインを登録してしまい販売差し止めの仮処分を勝ち取ってしまう。当然、ヨンジョは20万着からの服を売れなくなって50億の借金が残ってしまうこととなる。

そこへヨングクから原価相当で引き取ってやるからと悪魔のささやき。交渉に応じればヨンジョは生き残れるがUBアパレルはつぶれる。

そんなヨンジョに無一文になってもいいじゃないのと悪魔のささやきから目をそらさせたのがジョンウン。

ヨンジョは今回はあくまでもヘタレで昔の女に未練たらたらのあほ男です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました