DroboAppsを動かしてみた!

ストレージ製品であるDrobo FSにはユニークな機能があります。Drobo FSはLinuxが動いておりそのLinux上で動作するアプリをインストールすることにより単なるファイルサーバにとどまらずアプリケーションサーバにもなることができるストレージ製品です。但し、あくまでも自己責任での使用となり保証なしでの提供となることには注意してください。

15921-2260-269335

Drobo FS (5Bay/LAN) KMX-DRO-FS
B003SSBWJE

15921-2260-269335

DroboAppsにはどんなのがあるの?

 

DroboApps for the Drobo FS series of productsに一覧が掲載されています。

  • Apache

    Apache Logo

    HTTPサーバ

     

  • DroboApps Admin Utility

    Drobo Apps Logo

    The DroboApps Admin UtilityはDroboAppsのインストール、設定、更新、削除をブラウザからできるソフトです。2012/3/9時点で試してみたところ生成されているURLが間違っておりインストールできません。

     

  • FUPPES

    Fuppes

    FUPPESはDLNAをサポートしているA/V Media Serverです。

    Fuppes多くのメディアフォーマットサポートしており、MP3 audio, 様々な静止画フォーマット、 AVI / DivX / MP4 など他の動画フォーマットをサポートしている。

    Firefly

     

  • FireflyFireflyはデジタル・ミュージックサーバです。

     

  • CTorrent

    Ctorrent

    CTorrent is コマンドラインのbittorrent クライアントです。

     

  • Dropbear
  • DropbearDropbear はSSH 2サーバとクライアントです。

     

  • Lighttpd

    Lighthttpd

    lighttpd は軽くて高速な HTTPサーバです。

    Pure-ftpd

     

  • Pure ftpdPure-FTPd はFTPサーバです。

     

  • Rsync

    Rsync Logo

    rsyncは差分による同期を行うソフトです。

  • Unfsd

    Unfsd Logo

    UNFS3はNFSv3 サーバです。

     

  • Wake on Lan

    Wake on Lan Logo

    本プログラムはWake-On-LAN (WOL) “Magic Packet”を生成して送信するものです。

     

  • Perl

    Perl Logo

    Perl 言語

インストール方法

 

DroboApps Admin Utilityがうまく動きませんので、別の方法でインストールします。

WS000012

まずはDrobo Dashboardで

Device Settings->Admin Settings

を開きます。画面下部にあるEnable DroboAppsのチェックボックスにチェックを入れます。そうすると「DroboApps」というフォルダーが作成されます。

DroboApps for the Drobo FS series of productsへ行きます。

DroboApps Apache

上記の画面が表示されますのでApacheをまず第一にインストールします。インストールするには、

  1. “Download Now”をクリックしてZipで固めているプログラムをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたZipファイルを解凍します。
  3. 解凍後にapache、apache.tgzが出来ます。
  4. apache.tgzをDroboAppsの直下に置き、Drobo FSを再起動する。

再起動が完了したら、http://Drobo FSのURL:8080/へブラウザでアクセスしてみてください。

This is a placeholder page for apache. Place your webpage content in DroboApps/apache/www.

If you are looking for droboadmin, you can find it here.

という表示が出たら成功です。下記のコードを書いたphpinfo.phpファイルを作成します。

<?
phpinfo();
?>

DroboApps\apache\www\ の配下にphpinfo.phpファイルを置きます。ブラウザで

http://192.168.1.8:8080/phpinfo.php

にアクセスします。そうすると以下の画面が表示されましたのでphp言語が動作できる環境ということがわかりました。

phpinfo

一通り見ていると、仕方ないかと思いますがマルチバイトをハンドリングするmbstringがなかったり、最大メモリーが64MBというリミットが設けられています。

apacheのインストールと同様にして、DropbearをインストールしてSSH2サーバを稼働させます。そして、TeraTermなどでアクセスしてみます。

コピー時のCPU負荷

上記はtopでCPU負荷などを動作させながらDrobo FSに大量のデータをコピーさせたものです。あまり対してCPU使用率は上がっていないです。

# cat /proc/cpuinfo
Processor       : ARM926EJ-S rev 0 (v5l)
BogoMIPS        : 999.42
Features        : swp half thumb fastmult vfp edsp
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 5TE
CPU variant     : 0x1
CPU part        : 0x926
CPU revision    : 0
Cache type      : write-back
Cache clean     : cp15 c7 ops
Cache lockdown  : format C
Cache format    : Harvard
I size          : 32768
I assoc         : 4
I line length   : 32
I sets          : 256
D size          : 32768
D assoc         : 4
D line length   : 32
D sets          : 256

Hardware        : Feroceon-MV78XX0
Revision        : 0000
Serial          : 0000000000000000

cpuinfoを表示させてみました。CPUはARM926EJ-S rev 0 (v5l)ですね。組み込み用のチップです。

Drobo FSをiTunesサーバにしてみる

 

Fireflyを今までと同様にインストールします。DroboApps->firefly->media の下に音楽ファイルをコピーします。mp3でもAACでもポッドキャストでも構いません。

http://192.168.1.8:3689/

にアクセスしてみてください。認証画面がポップアップしますので、デフォルトのユーザ名とパスワードはmt-daapd and Drobo-FS です。そして、statusのタブに遷移してください。

Firefly Status

Start Scanをクリックすると音楽ファイルをスキャンしてくれます。スキャンが終わるとstatusがIdleに変わったらiTunesを起動しましょう。

iTunes

共有のところにfireflyのサーバが表示されますので選択してみてください。mediaの下にコピーした音楽が表示されます。日本語やハングルの曲名も問題なく表示されます。なお、iTunesのバージョンは最新の10.6を使用してください。一つ前の10.5xではうまく動作してくれませんでした。

Rhythmbox

こちらはLinuxのRhythmboxでアクセスしてみました。同様にfireflyサーバが共有に表示されています。

じゃあiPhoneからアクセス・・・なにでアクセスしたらいいんだろ? 「Simple DAAP Client」でアクセス可能になります。ただし、AACファイルを再生しようとすると落ちます。podcastもしくはmp3ファイルは問題なく再生できました。

これでルータに穴をあければ外部からfireflyにアクセスしてどこでもiTunesサーバにアクセスできるはずです。面白い使い方ができるストレージです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました