「王女の男」放送直前スペシャル 狙いは20代?

「王女の男」放送直前スペシャルを観ました。

BSプレミアム 6月24日(日)午後9時00分~9時44分

出演:
パク・シフ、ムン・チェウォン
はるな愛、田代親世
中村慶子アナウンサー

どうして、はるな愛が出てくるのだろう?と疑問でした。私の出した答えは韓国時代劇に若い層を取り込みたいからというもの。それなら、トキメキ☆成均館スキャンダルだったらぴったりだったのにと思うのですがNHK的にはノリが軽すぎたのかな?

(韓国版)KBSドラマ [姫の男] DVD(13DISC) : 無削除完結版(限定版)(リージョンコード-1、3、4、5、6、専用のDVDプレーヤー必要)

B006J2ICGC

ムン・チェウォンは若い女性に受け入れられるか?

キム・スンユ役のパク・シフは最近のドラマでは検事プリンセスのソ・インウ役をやった俳優さんで若い層に受けるには十分な俳優さん。ヒロインのイ・セリョン役にはムン・チェウォンです。ムン・チェウォンは華麗なる遺産のヒロインの敵役であるユ・スンミを演じた女優さん。とても美人ですが悪女役をやったようにきつめの顔なのが同性の若い子に受け入れられるのか? 例えば、美男<イケメン>ですねのパク・シネやトキメキ☆成均館スキャンダルのパク・ミニョンのように中性的なイメージで女性たちに敵意を抱かせない感じだったのが、じゃじゃ馬のイ・セリョンでもムン・チェウォンさんだと美人の女性って感じになるのでどうなんでしょう?

単なるラブストーリではない

でも、ストーリーは癸酉靖難(きゆうせいなん、ケユジョンナン)というクーデターを背景として使うことにより単なるラブストーリーではなくて深みのある話になりそうでおもしろそうです。

前半は明るいコメディタッチのラブストーリーとして描いて、後半には癸酉靖難(きゆうせいなん、ケユジョンナン)を入れることにより復讐という要素が加わるので悲恋としてのストーリー性が増すことなんでしょう。

親/家同士の争いが子にも及ぶということで朝鮮版ロミオとジュリエットという悲恋がどれほどになるか見せてもらいましょう。

上流階級のみ描かれる?

スペシャル番組を見る限りでは癸酉靖難(きゆうせいなん、ケユジョンナン)に関わる王族、重臣たちのみが出てくるのみでした。番組の中で田代親世が癸酉靖難(きゆうせいなん、ケユジョンナン)を通常描くとしたら文宗、端宗、首陽大君といった当事者の視点から描かれるのだけど今回の王女の男ではそれらの二世たちが描かれるところが新鮮なところ。ただ、二世を支店に据えても支配階級内の闘争を描いただけで、一番当事者から遠くてかつ影響を受ける民衆は描かれないのかな? 民衆まで描かれればさらなる深いストーリーになるんだけど。

見逃した人は再放送があります。

【再放送】
BSプレミアム 7月6日(金)午前[5日(木)深夜]0時15分~0時59分

「王女の男」の第一回は7月8日21時からBSプレミアムで放送されます。当ブログでも、どこかのだれかみたいに「ハマる~」としか言わないレビューはしません(笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました