「シークレット・ガーデン」第14話で気になったこと

韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」第14話で、一番、気になったのはこの後いったいどうなるのということなんですが、それはおいといてそれ以外に気になったこと。

シークレットガーデン-Part.2
B004I0Z5AI

「シークレット・ガーデン」第14話のレビューはこちら↓

「シークレット・ガーデン」ヒロインのライムの傷

露出度の高いドレスを着てVIPパーティの会場に現れたライムです。男性目線としてはライムのというかハ・ジウォンさんの鎖骨から胸元あたりに目線がいってしまうのですが、ジュウォンが驚いていた傷が見当たらない。確か腕にスタントシーンでざっくりと刀で切られた傷があったはずなんだけどない。

「シークレット・ガーデン」主人公のライムとジュウォンの身長差

ヒョンビン(HyunBin. 현빈)によれば身長は184cm、ハ・ジウォン(HaJiWon. 하지원)によれば身長は168cmでハ・ジウォンさんは決して身長の低い女性ではないですが、背の高いヒョンビンと並ぶと低く見えてしまいますよね。身長差は16cmなのでハ・ジウォンさんの頭のてっぺんがヒョンビンの鼻あたりになりますね。

ところが、パーティでのキスシーンを見ているとハ・ジウォンさんの頭のてっぺんはヒョンビンのおでこあたりです。ということは結構高いヒールを履いていることになるのですかね。ドラマの冒頭でオスカー(ユン・サンヒョン=身長182cm)と一緒に登場するところで全身が映っているので、そこで確認すると眉毛あたりにハ・ジウォンさんの頭のてっぺんがあります。

そして、ジュウォンとライムがアクションスクールで二人そろうところを確認するとライムの頭のてっぺんはジュウォンの鼻の少し下あたりで履物はお互いスニーカー。

キスシーンではあまり動いていなかったのでハ・ジウォンさんが台の上に載って演技していたのかと想像したのですがヒールの高い靴でもいけそうな気がしてやや微妙ですね。

オスカーがスルのために弾いた曲

スルがジュウォンのお見合い相手を脅しつけて終わった後に流れてきたピアノの曲に聞き入っていました。この曲名は・・・

ショパンの「ノクターン第2番 変ホ長調 作品9-2」

韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」オフィシャル・ガイド 後編 の73ページに記載がありました。実際に検索して聞いてみたところ間違いありませんでした。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。


シークレット・ガーデンを見放題で見るのにはこちらから↓

コメント

  1. マユマユ より:

    ナイスつっこみ!身長差は20センチくらいありそうで、台に乗っての撮影は19話の例の涙・涙の場面とか・・・らしいです。最初の頃、デパートの前で車を待つジウォンがライムのまぼろしを見る場面も台に乗っての撮影だったとか。ネタばれになるのでこれくらいで、お楽しみに~~
    で、キスシーンの音楽は韓国放映時、まずオスカーの弾くエルビス・コステロの「She」に反応してスルがピアノに近づくと、スルに「これだろう?」と。二人の思い出の曲なのですね。で、ライムたちが見つめあい、キスをする。「みんながみてるわ」云々があって二度目のキスシーンはソン・シギョンの「君は僕の春だ」(ノヌン ナエ ポミダ)となります。
    多分著作権などで「She」は差し替えられて、正直がっかり。結構シガ廃人たちは憤慨してるけど、韓国ドラマには有りがちですよね。チャンスがあれば韓国版を是非!

    • stanaka より:

      マユマユさん、おはようございます。やっぱり台に乗って撮っているシーンはあったんですね。音楽は差し替えですか、冬のソナタでもありましたね。音楽が変わると印象が変わる可能性あるので、著作権がもう少しなんとかならないかと思ってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました