書評

スポンサーリンク
書評

硝子の殺人者

硝子の殺人者(ケイブンシャ文庫) 今野敏東京ベイエリア分署シリーズ犯人そのものが出てこずに、周辺の関係者が登場してなるほどと思ってしまう作品。
書評

へんないきもの

この本のイラストを見ていると、ウソではないのだろうけど、誇張して面白おかしくするために多少はデフォルメしているのではないかと思っていた。ところが、オオグチボヤで検索をして、ここにアクセスして写真を見るとそのまんま・・・・。いるんですね。「わははははは」と笑ってしまいます。
書評

ダーティ・ボマー 上

シカゴで交通事故が発生、しかも単なる交通事故ではなく核物質を積んだトラックが巻き込まれ撒き散らされた。これは全米にダーティボムと核爆発のテロ攻撃の序章だった。
書評

ST 緑の調査ファイル

著者: 今野敏 出版社: 講談社 ; ISBN: 4061824155ST警視庁科学特捜班シリーズ最新刊(2005/1/23現在)。ストラディバリウスのすり替え盗難、その後に密室殺人が行われた。それに対してわれらがSTはどう対処していくのだろう?今回はSTのメンバーおよび菊川警部補の意外なプライバシーというか趣味が明かされるのも読みどころのひとつ。
書評

神はサイコロを振らない

著者大石英司出版社中央公論新社出版日2004年12月20日ISBNISBN4-12-003594-8定価1,800円著者、久々のハードカバー。消息を絶っていた旅客機が10年後に現れた。再会を喜ぶ肉親や友人たちだが、3日後にはまた、もとの時間に戻ってしまう・・・・。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました