イ・ソヨン

スポンサーリンク
Dr.JIN

韓国ドラマ / Dr.JIN 第3話、第4話、第4話

韓国ドラマ / Dr.JIN に結構嵌ってしまって連続して観ています。ここまで見た限りではキャラクター設定に違いはありますが、原作者の方が日本での放送を差し止めるほどの改変はまだ見当たりません。 韓国ドラマ / Dr.JIN 第3話、第4話、第4話 ではコレラのエピソードと梅毒を治療するためのペニシリンの製造の初期段階が描かれています。 韓国ドラマ / Dr.JIN のコレラ編 コレラでは日本版と...
Dr.JIN

韓国ドラマ / Dr.JIN 第1話、第2話

Dr. Jinをゲットいたしました。入手したのは音声は韓国語で、字幕は中国語、英語、日本語が付いたものです。パソコンおよびテレビで再生はちゃんとできました。字幕の訳はとてもネイティブが訳したものとは思えない残念なクオリティーですが、ストーリーが追えないほどではないので許容範囲内かと考えます。 早速、韓国ドラマ / Dr.JIN 第1話、第2話を鑑賞しました。 韓国ドラマ / Dr.JIN はじま...
トンイ

「最終回直前!『トンイ』ありがとうスペシャル」見たよ!

「最終回直前!『トンイ』ありがとうスペシャル」を録画で見ました。トンイの最終回はリアルタイムで鑑賞したのですが「最終回直前!『トンイ』ありがとうスペシャル」は翌日(=本日)の録画視聴となりました。結論から言うとトンイの最終回を盛り上げるための番組なので見る順番を間違えたという感じです。残念です。韓国ドラマ・ガイド トンイ 特別編 (教養・文化シリーズ) 三人の女優のなりきりがすごい 番組はトン...
トンイ

トンイ 第60話/最終回「民のために」

予定調和的な終わり方でしたが、イ・ビョンフン監督が伝えたいメッセージがしっかりと込められた最終回でしたね。イ・ビョンフン監督は他の作品でも同様なメッセージを繰り返し伝えてきていましたがトンイでも「尊い志を抱く」ことにより尊い人になれるというもの。日本においては政治家に持って欲しいのだけど・・・。トンイ DVD-BOX IV 物語は延礽君と仁元(イヌォン)王妃を気遣ってトンイが宮殿を去るところか...
トンイ

トンイ 第59話「真心の力」

「目先の利益だけを追い、強引に目的を遂げる。それが力で政治だとでも?」 「違います」「それを罰するのが真の政治なのです」 「政治だから仕方がない?とんでもない!政治にこそ真心を込めるべきです」 by トンイ 言葉の矛先はチャン・ムヨルだけど、イ・ビョンフン監督はきっと世の政治家に向けて発した言葉ですよね。日本の政治家にこそ聞いてほしい言葉。原発再稼働、消費増税を巡る政治家の行動を見ているとトンイ...
トンイ

トンイ 第58話「思わぬ標的」

粛宗が療養と称して宮殿の外に出ている隙にチャン・ムヨルは宮殿内の兵力の大半を掌握していた。掌握した兵力をバックにトンイたちに対して無言のプレッシャーをムヨルはかける。まるで掌握した兵力を使ってトンイと延礽君を殺害してしまうかのように振舞う。 プレッシャーのピークは仁元(イヌォン)王妃を通じて出されたトンイの早めの宮殿からの退去命令。そのムヨルの動きを目の当たりにしたトンイたちは必死の思いで、老論派...
トンイ

トンイ 第57話「王の密命」

粛宗が編み出した「たった一つの冴えたやりかた」とは? トンイが粛宗に世子も延礽君も二人とも王位に付かなければならないという言葉を受けて長考した粛宗。そして、粛宗が考え出した答えとは? トンイを宮廷から追い出すこと・・・えぇっ!! 訳わかんなーーーい!トンイ DVD-BOX IV 粛宗は二つの決定を重臣たちに示していた。 世子が王位を継承する トンイは宮廷の外に出す という驚きの決定。普通に考...
トンイ

トンイ 第56話「王子の婚礼」

あれ?延礽君の最初のお嫁さん(後の貞聖王后)は姉さん女房なのかしらとドラマ見ていて思って早速くぐって見ました。延礽君は1694/09/13生まれで貞聖王后は1692/12/07生まれということで確かに2歳ほど年上ですね。延礽君のお嫁さんになるには、 延礽君を敵対する勢力から守れること。 良妻賢母となり得る娘であること。 という条件がありました。おそらくトンイからお嫁さん候補の選択を依頼された老...
トンイ

トンイ 第55話「新たな対立」

とうとう、牡丹(=張禧嬪)が散ってしまいました。張禧嬪は粛宗に自分の死に際を見て欲しいと願い武官に伝えるように告げました。賜薬を飲む前に粛宗が居る方向に向かって、クンジョルをする張禧嬪。私はドラマで見るクンジョルをする女性の仕草がとても美しいといつも思います。韓流ドラマで初めて見たのが「ホテリアー」でドンヒョクの妹シン・ドンヒが父親に再開するシーンでクンジョルをするシーン。とてもきれいだなと感じた...
トンイ

トンイ 第54話「欲望の果て」

今回は二人の母親であり女性の生き方と考え方の対比が際立った回でした。もちろん、二人というのはトンイと張禧嬪のことです。 韓国ドラマ・ガイド トンイ 特別編 (教養・文化シリーズ) トンイはしなやかに生きていく女性、張禧嬪は直球剛速球で生きていく鋼の女的な女性と感じましたが皆さんはいかがでしょうか? 今回のドラマで感じた二人の生き方について述べてみたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました