書評

神はサイコロを振らない

著者大石英司出版社中央公論新社出版日2004年12月20日ISBNISBN4-12-003594-8定価1,800円著者、久々のハードカバー。消息を絶っていた旅客機が10年後に現れた。再会を喜ぶ肉親や友人たちだが、3日後にはまた、もとの時間に戻ってしまう・・・・。
チャングム 感想(宮女編)

チャングムの誓い 第13話「みそ騒動」

最高尚宮(チェゴサングン)の座を巡り、競合することになったハン尚宮は味覚を失ったチャングムを助手として指名した。チャングム彼女が最もチャングムに期待した能力は味を描く能力であること。新しい料理を生み出す能力はまれな能力であり自分も競争相手も持っていないことをチャングムに告げる。味覚を失っても他の手段、匂いや手触りで代替できることを諭す。そんな中で、宮中の味噌の味が以前とは違うものになってしまってお...
タイトルとURLをコピーしました