宮廷女官 チャングムの誓い 第40話「疫病発生」

今回のチャングムのテーマは「チョンホの支える愛」チョンホがかっこよかったですね。そして、とうとう抱き合ってしまいました。

宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX 3

「私は見捨てられてしまいました。医女仲間から」「私の居場所がどこにもありません」チャングムの悲しみはとても深い。本当に悲しく、見捨てられた悔しさ、やるせなさが表現された演技でした。イ・ヨンエはラストプレゼントでも思ったけど、このような感情表現が抜群にうまいと思う。こんな風に自分が思いを寄せている女性から言われたらどう言えるだろうか。生半可な慰めでは逆効果だ。


チョンホは「超えなければいけない壁ができただけです。人という壁が」と言って勇気付けます。慰めるのではなく、ぶち当たっている問題を鮮明にして、どうすればいいのか行動指針を示したのです。チャングムのような女性にとっては下手な慰めよりも効果的でしょう。見捨てられたと知った村人にボコボコにされるチョンホ。役人代表と言うことでやられてしまいます。それをチャングムは治療するからとその場を治めます。しかし、薬がなくなったことを知った村人はまたも激怒して、チョンホをボコにします。今度はチャングムもぶちきれて啖呵をきります。そして、薬がないことが分かっている隣の村にチョンホを行かせます。逃げてもらうために・・・。とうとうチャングムにも病が出てきてしまいます。それを見て病に前からかかっていたので残ったのではという疑惑で蔵に閉じ込められしまう。 そんなことしても何もならないのに。誰かに怒りをぶつけないとおさまらないか。一方、宮中ではヨリはすでにチャングムを自分の策謀で亡き者にしたと確信して、クミョンに薬剤店の権利が欲しいと申し出ます。うーむ、自分の得意な分野で継続的に金を生む手段を手に入れようとしたのね。医女長のポシ゜ションは自分の力でなんとかなるから。。。なんてかましています。そして、村に火事が発生。そこへ戻ってきたチョンホはチャングムの姿を必死に探します。そして、なんとか見つけ出し、二人は抱き合います。韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 後編 教養・文化シリーズ―韓国ドラマ・ガイドの73ページに監督はここでキスシーンを入れたかったのがイ・ヨンエから反対されて、抱き合うシーンとなったとのこと。確かに今までのながれからすると抱き合うシーンの方が相応しいし、あふれる想いがこちらの方がより良く表現されていた。二人が出会うシーンの夕焼けがうつった雲の風景がとてもきれい。チョンホの後にチャンドクが登場。この人、とても安心感と存在感を感じてしまう。チョンホの登場よりもチャンドクの登場の方が、おぉーーという感じはなぜ??チョンホはちゃんと期待以上の仕事をしたのね。そして、病気の状況をじっくりと観察してロジカルに考えると伝染病とは思えないことを皆が認識する。そして、畑で腐った野菜をチャングムが発見。原因は腐った野菜が毒草と同じように毒を持ったため量を多く食べた人に症状が出るということを突き止める。原因がわかれば正しく対処することができ、早速処方をして快方に向かう。ユンスやヨリをはじめとした医女たちは口々にチャングムとチョンホの悪口を言っているけどいいかげんな調査でほったらかした責任はどうなっているの!!と問いたい。疫病ではなく野菜の病気だったことを医女見習と街の医女と医療には素人のチョンホだけで突き止めたわけでつきとめられなかったユンスの罪は重い。ここの責任を問わないのは体制として腐っている(腐っているけど)宮中に納められている野菜を作っている畑の野菜も病気になっていることがわかり、二人は宮中に戻ることになる。そこで、信じようとしないチェ女官長。頑なにそんなことはないと言い募る。「だったら食べてみたらどうですか」とチョンホが言うと食べると言い放つ女官長。売り言葉に買い言葉とはこのこと。出てしまいましたーーー。症状が!! そして、治療にあたる医女は・・・・なんと、チャングム。復習するには我にあり。ふふふふふ、一週間びびっとけチェ女官長。

コメント

  1. mitomito より:

    今週のミン・ジョンホ様、ほんとにかっこよかったですね。
    薬を持って帰ってきただけでなく、チャンドクさんまで連れてくるなんて、ナイスです!
    >一週間びびっとけチェ女官長。
    ほんとほんと、一週間たっぷり食中毒に苦しんでもらいましょう。

  2. シェリー より:

    >チョンホの登場よりもチャンドクの登場の方が、おぉーーという感じはなぜ??
    私もデス(笑)
    お師匠様は、はっきり言って、チョンホよりも頼もしいです(笑)
    キスシーンがボツになってホントによかったです。キスシーン見ちゃったら、あそこで二人の恋物語は完結しちゃいますからね。まだあのハグは、恋人一歩手前のハグとしておきます^^。

  3. stanaka より:

    mitomitoさん、チョンホはいざとなると頼りがいのある男でナイスですよね。ただ、村人からボコにされていた姿は情けなかったけど、いつもの武術を使うわけにもいかず耐え忍んだとしておきましょう。
    シェリーさん、やっぱりキスシーンは没が良かったですか。監督はなんとかさせようとしていたようですが。まあ、今後の恋の行方を追いかける楽しみが増したと思っておきましょうか。

  4. エイ より:

    こんにちは^^
    TBとコメントありがとうございました。
    チャングムはおっしゃるように、ロジカルに考えることがすごいですね。いつ何時も、冷静で大胆だし。みんながあたふたとしている間に解決策を練ってしまうし。
    チョンホさんとのキスも見てみたい気がしましたが、あの場面ではやはり強く抱き合うのが最善だったんでしょうね~。生きていたこととか、これからも頑張っていきましょうという意味で。
    ではでは、今後ともよろしくおねがいいたします。

  5. ピック より:

    stanakaさん、
    ホントいつも思います。
    なんであのユンスが医局長のまま収まっていられるのか?
    疫病と誤診して、罪のない村人たちを
    死に至らしめるところだったというその責任はどう取るのでしょう?
    チャングムが置き去りにされたことは、
    立証が難しいだろうなぁ~
    いずれにしてもあと10話、どんどん
    チェ一族を追い込んでいってもらいたいですね。

  6. vivi より:

    TB有り難うございました。
    チャングムとチョンホ様のキスシーンはやはりなくてヨカッタって思います
    あのひしと抱き合う姿で充分でした。野苺のシーンから涙が止まらず最高潮でした。
    身分が違う二人が結ばれる事が許されないはずですし、、、
    いつの日かかなうまで、、、

  7. yun より:

    キスシーンはやっぱりあそこで入れようとしてたのですね。
    私も、なくてよかったー!と思いました。
    ハグだけで、十分に2人のあふれる想いが伝わってきて泣けました。

  8. hana1 より:

    こんにちは。
    コメントありがとうございました。
    あのシーンでは、キスはしないでほしいですね。
    もし2人がキスをするなら、
    『再会してチュッ!』ではなく
    かなり長い時間をかけて描かれるほうが
    『チャングム』らしいと思いませんか?

  9. さわわん より:

    こんにちはー。
    私もキスシーンでなくてよかったと思います(^^
    抱擁のほうがいろいろな意味がこもりますしね。愛情はもちろん信頼とか喜びとか。
    ぎりぎりのところで薬剤店を手にいれそびれたヨリの今後の動向も気になります!

  10. stanaka より:

    みなさん、コメントありがとうございます。
    やはり、キスではなく、抱き合うシーンでよかったというのが多数派という感じですね。
    見たかったのは監督だけ?
    それと、ヨリの今後の動向も気になりますね。もうちょっと、頭を使った意地悪をして欲しい。でも、ヨリは策略を使うと言うことは正面から治療の技で戦うことは放棄していることですよね・・・自信ないのか。
    ユンスにもこの先、きつーーい、鉄槌を下して欲しい。すっきりするのに。

  11. […] 以前の感想はこちら↓↓宮廷女官 チャングムの誓い 第40話「疫病発生」宮廷女官 チャングムの誓い 第41話「ヨンセン懐妊」 […]

タイトルとURLをコピーしました