スペイン旅行 パンク編

image
グラナダからミハスへ向かう道中で車が突然ウォーニングを表示。タイヤの空気圧が減っているというメッセージ。近くのガソリンスタンドで調べて貰ったら左後ろのタイヤの空気圧が規定値よりかなり下回っている。空気を入れてもらうが改善されず。タイヤを見てみるとネジのような物が刺さっていることを発見。スペアタイアに交換すべきでしょうがこんなガタイの大きい車はしたことないので、誰かしてくれないかと思案。ガソリンスタンドのおじさんは交換する気なし。まずは困った時のアメックスのグローバルアシスタントに相談する。結論は借りた Europcar のコールセンターに電話しろということ。電話して見るものの、私の英語じゃ伝わらないしヒアリングもできない。ロードサービスを寄越せと言って見たのだけど通じない。彼らの責任じゃないからロードサービスを送るつもりがないのか。結局は借りたオフィスまで行き車を交換することになった。最近のタイヤは何か刺さっていてもある程度走れるので、その能力を信じて元来た道を戻る。無事到着して車を交換して事なきを得ることが出来たけど、ミハス行は諦めて、その後行く予定のコルドバへ向かう。やれやれ。交換してくれた車のほうが乗り心地が良かったけど。交換後の車を貼り付けておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました