親切なクムジャさん 映画鑑賞記

今回の韓国旅行の一つの目的だった「親切なクムジャさん」を観るですが、なんとか実現しました。

マジックシネマへ行く

9月17日(雨!)19時に明洞で奥さん+娘と別れてソウルでただ一館だけやっている(多分)マジックシネマへ向かう。場所は乙支路3街駅の近く。明洞からは一駅であり歩いていくことに・・・。頼りにした、マップはこちらの韓国の映画館で観るで掲載されている地図。昔懐かしいアスキー文字で書かれた地図だけどガイドブックにはマジックシネマなんて載っていないので唯一の頼り。サイトの著作権の決まりを読むと以下の文章を記載しなければならない。しておきます。参考文献 西村嘉夫(ソチョン)「韓国映画とハングル」 http://www.seochon….で、この印刷した地図を雨でどんどんインクが滲んでいく中、右手に明洞聖堂を見ながら歩いていく。明洞の屋台が並んでいる通りから比べるととても寂しい通り。さらに歩くが見つからない! あれ?ミョンボ・プラザがあった。地図によると道を挟んだ向かいにあるはずなんだけど映画館らしき建物は見当たらない・・・。この時点で私の頭の中のマジックシネマは立派な映画館の建物でドーンとクムジャのあの見返りとした姿のポスターが掲げられていてると刷り込まれていた。この時点で19時30分、映画の開始時間は20時。頭が白くなり、さらに一ブロック先を訳も無く歩いて行き探すが見つかるわけもなし。敗北の2文字が脳裏をよぎる。また、先ほどのミョンボ・プラザ近辺へ向かい地下鉄の入口が見えたのでもぐる。地図を確認。もう一度、ミョンボ・プラザの正面に出て探す。あった!!有楽町あたりにある二番館、古い名作、小品をやっている映画館と言えばいいのだろうかビルの上の階でやっている。エレベータもないビルの階段を上がる。客が降りてくる。丁度、前の回が終わったところの模様。チケット売り場はおばちゃんが一人で座っていて「7,000W」そして、指を一本立てて映画はひとつしかかかっていないよと教えてくれる。くれたチケットには座席番号は無い。自由席ということ。やったー。観れるぞ!!

親切なクムジャさんを観る

さて、入りは10名いるかいないかくらい。アベックもいる。もっと、おしゃれな映画館で最新の映画を観ればいいのにとおせっかいなことを考えてしまう。時間になり始まる。広告、予告編なし。速攻で本編が開始される。サンタクロース(これも赤い服で赤を暗示?)姿したブラスバンドが演奏している。この時点で私は「これってクムジャの映画?間違えたのでは?」と疑惑を覚えている。そうしたら、クムジャが刑務所から出てきたので安堵する。ちなみに私は韓国語はさっぱりです。ひたすら、スクリーンをにらみつけ表情や状況からストーリを追おうとしていましたが、あきません。だから感想はちゃんとしたものがかけません。クムジャが神父の差し出した清めの豆腐を払いのける。動じにシンバルが落ちる・・・。刑務所シーンが回想シーンで差し込まれていく。親切にした囚人がひとりずつ刑期とともに紹介されていく。クムジャは全ての人に親切にしたわけではなくイジメをする牢名主に対しては色々と苛め返している。そして、ここからよーわからん、なぜクムジャは女子高校生のコスプレいや化けたのか? いや、イ・ヨンエの正面姿はちらりとだけどかなり可愛かった。見所の一つだわ。自分の娘をおいかけてオーストラリアへ。しかし、なぜに娘を連れ戻したのか、さらに里親までやってきたのかは不明。韓国語がわからないのが悔しい。そして、無実の罪を着せた犯人を追い詰めていくが逆襲されたりする。そして、クライマックス。なかなか、壮絶なシーンを淡々と見せています。そして、最後はケーキに顔をつっこむクムジャ。11月の日本公開が待ち遠しい。BSのチャングムが終了して地上波で放映されている時期というのは中々いいタイミングではと思いますが。

オールド・ボーイ プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2005/04/02) 売り上げランキング: 2,587
復讐者に憐れみを デラックス版
ジェネオン エンタテインメント (2005/07/22) 売り上げランキング: 2,057

コメント

  1. 銀幕小匣 より:

    stanakaさんコメント&トラックバックありがとうございます。韓国まで観に行かれたんですね。公開当初はかなりの動員があったと思いますが、さすがに2ヶ月も経つとそんな感じなんでしょうね。何はともあれ11月が待ち遠しいですね。

  2. stanaka より:

    銀幕小匣さん、こんにちは!
    第18回東京国際映画祭の特別招待作品部門に入っているようで、チケットがゲットできれば多少早く観れますかね・・。

  3. 銀幕小匣 より:

    ほんとだ、知りませんでした!そうですね、多少は早く観れそうですね。監督・キャストがゲストとして来場するようなら舞台挨拶もあるでしょうし、それだけでも行く価値はあるかもですね。

  4. stanaka より:

    ぴあでチケットの先行発売があるようなので要チェックですね。

  5. ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! より:

    【劇場鑑賞19】親切なクムジャさん

    愛を奪われた
    哀しみの天使
    娘を奪われた美しい母の悲しく切ない復讐・・・
    涙あふれる愛と再生のドラマ
    最後の復讐が、
    一番哀しく、
    美しい。
    「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐…

  6. 『親切なクムジャさん』 ☆今年27本目☆

    『親切なクムジャさん』公式サイト:http://www.kumuja-san.jp/原題:SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE製作:2005年韓国監督:パク・チャヌク出演:イ・ヨンエ/チェ・ミンシク/クォン・イェヨン/オ・ダルス/キム・シフ
    《…

タイトルとURLをコピーしました