トンイ 第18回「驚きの証言」

チャン禧嬪(ヒビン)がダークサイドに落ちた日。ダークサイドへチャン禧嬪(ヒビン)を誘ったのは兄のチャン・ヒジェ。

「汚いことをしなければ望むものは手に入らない」この言葉を契機にして、従来の正々堂々とした真っ正面からの戦いかただけから、非情な手段をも厭わないチャン禧嬪(ヒビン)となった。

トンイ DVD-BOX I B0057J4Z96

ダークサイドへ足を踏み入れさせたのは兄チャン・ヒジェだけど、ダークサイドへ落ちる選択をしたのはチャン禧嬪(ヒビン)—-というのは容易い。しかし、兄チャン・ヒジェが明聖(ミョンソン)大妃(テビ)の容体悪化への関与しているのを知ってしまい、さらにその事実をトンイに証拠を捕まれてしまい、このまま罪を白日の下に晒されると身の破滅が待っているだけ。

なら、毒を食らわば皿まで とばかりに、トンイに対して白朮附子湯は王子のための煎じ薬だと強弁してトンイを抑えこもうとするとが、そんなことは絶対聞かないトンイのこと白朮附子湯はきつい薬なので子供には与えない煎じ薬だと指摘して言うことを聞かない。

トンイは当初の筆跡から医女を特定し、そこから医官までたどり着くことに成功。そして、その医官を粛宗(スクチョン)直々に尋問した処、驚愕する内容の証言が飛び出る。

なんと、粛宗(スクチョン)から命じられた者の名前を言えと言われて、出てきた名前は・・・「王妃様」えーーーー。そんな逆転の仕方があったのか~。とうとう、チャン禧嬪(ヒビン)は謀略にまで手を出した。危うし王妃!トンイはどうする???

コメント

タイトルとURLをコピーしました