シークレット・ガーデン 第5回「魔法のお酒」 吹替え版

ごめんなさい!シークレット・ガーデン 第5話 吹替え 予習で「ベンチキス」なんて書いてしまいましたが、このシーンは次回でした! まあ、予告編にはばっちりと「ベンチキス」のシーンが出ていましたので完全なミスではないのですが(汗

韓国ドラマ「シークレットガーデン」OST
B004DBWFSW

 

意地っ張りのジュウォンとライム

済州島のレストランでばったりと会ってしまった、キル・ライム、キム・ジュウォン、オスカーの三人。そこへサンの「その女」が流れる。サンを演じているイ・ジョンソクさんはモデル出身なんだけどアイドル歌手としてのデビューの準備もしていたそうです。イ・ジョンソクさんの歌う「その女」もいいですね。これはOSTのCDには未収録ですね多分。

そして、激しく二人がやりあったシーンを相手側から描いてみるというのを回想シーンとして見せています。

  1. ボロボロのバッグをジュウォンから指摘されて、公園で落ち込んでいるライムを離れたところから見つめているジュウォン。
  2. ライムのバイクのキーを池に投げ捨てたジュウォンが池に入って探し出したシーン。
  3. デパートに訪れたライムを引き摺って服の売り場へ連れて行き、服を投げ捨てたジュウォン。投げ捨てた服をすべて買い取っているジュウォン。
  4. ジュウォンから呼び出されたライムが着ていく服を悩んでとっかえひっかえしているシーン。ハ・ジウォンさん可愛いですね。

今のままだとジュウォンがライムのことを気遣っていることと、ライムがジュウォンのことを気遣っていることはわからない。今後を暗示させる象徴的なシーンですね。

↑レストランの撮影場所かな?

ストレートなジュウォンに傷つくライム

ジュウォンはライムが気になって、気を引こうとはするけどあくまでも自分流。自分の考えは一切曲げようとしない。その態度がライムを傷つけてしまう。

  1. VIPラウンジに入り込んだライムを咎めたユン・スルに反発するライム。ジュウォンはルール違反をしたのはライムだからユン・スルに謝るように意見する。あくまでもロエルデパートのCEOとしての立場を貫くジュウォン。そこにはライムに気に入られるために自分の考えを曲げるなんてことは一切念頭にない。
  2. いや、人魚姫だ。キル・ライムさんのいる位置は目立たぬように身をひそめいずれ都合よく泡のように消えてもらう。それが俺の常識だ。

いやーー、ストレートすぎ。でも、2番なんて階層も育った文化も違うから付き合うとしたらそのあたりが順当なんでしょうけど、あまりにも俺様流。

まあ、普通なら二人は絶対に結ばれない、ということを表すエピソードなんでしょうね。

ライムを賭けた自転車レース

オスカーはユン・スルのあまりにも敵対的な態度に頭にきてライムが恋人だと口走る。そして、ライムを賭けてマウンテンバイクの勝負をしようと持ち掛ける。最初は寒いと乗り気ではなかったジュウォンは掛け金がライムと聞いて乗り気になる。

そこへ、何も知らないライムも参加すると割り込む。ライムの目的はオスカーのプロモーションビデオに出演すること。

ドラマ的には済州島の素晴らしい自然の雄大さを示すためと神秘ガーデンへライムとジュウォンを導くためのエピソードなんだろうけど。

でも、あの風景を見ていると自転車で走ってみたいですね。

B0002CHNBU

↑済州島がどんなところかを楽しみながら知りたい場合はチャン・ドンゴンさんと奥さんのコ・ソヨンさんとが共演(当然その当時は夫婦ではありません)している映画を見ることをお勧めします。

済州島―韓国楽園紀行
4883192741

↑ガイドブックではわからない済州島の魅力を知るにはこの本が最適。

拗れまくっているオスカーとスル

このころのユン・スルは徹底して嫌な女というキャラクターですね。後半になるにつれてガラッと変わるのですけどね。今回は若かりしオスカーがユン・スルにプロポーズして見事に袖にされるシーンが明らかになっています。

これだけ見せられるとユン・スルはお金持ちの嫌なお嬢さんという感じですよね。さて、この二人は魔法のお酒の力を借りなくても最終的に分かり合えるという象徴なのかな。

魔法のお酒

神秘ガーデンの女将はライムに「よく来たね」と親しげに語りかける。ここで、もう伏線をはりまくり。

  1. お酒つくりが趣味。ライムの父親と同じ趣味。
  2. 酒は娘を救うための薬。
  3. 娘は体が悪くなる運命。

そして、とうとう魂が入れ替わってしまいましたね。ヒョンビンさんとハ・ジウォンさんの演技のうまさが伝わってきます。私のツボにはまったのは予告編でもありましたが、ジュウォンがブラジャーの付け方を説明するシーン!

次回は入れ替わりの演技を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました