シグマ 「8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」買いました!

_DSC7399

広角が欲しくて堪らなかったのですが、値段がネックになってずっと二の足を踏んでいました。だって、ミラーレス一眼のローエンドが買える値段なんですから~。

シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ソニー用 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM SO

B003G22FFW

なぜ、広角が欲しかったのか?それは下の2枚の写真を見てもらうと一目瞭然。上の方がシグマの18-200mmで18mmで撮影したもの。下の写真はシグマの8-16mmの8mmで撮影したもの。

上の写真では建物が途中で切れていますが、下の8-16mmの8mmで撮影したものではきっちりと収まっています。三脚にカメラをセッティングしてレンズだけを交換していますので、同じ場所からの撮影となります。

ヨーロッパを旅行すると教会の荘厳な建築物を目にすることが多いと思います。荘厳な建物をフレームの中にすべて収めたいと思うのは旅行者としての希望です。でも、あまりにも大きすぎで余ってしまうということが良くあります。そんな時に広角があればなーーーといつも思っていました。

_DSC7425

SONY DSLR-A550,27 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/10.0,ISO200,0 EV,2013:03:17 12:35:28,[original] [Map]

_DSC7426

SONY DSLR-A550,12 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/13.0,ISO200,0 EV,2013:03:17 12:36:21,[original] [Map]

 

実はシグマ「8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」は2年前にWillVii社からお借りしていたことがあって、スペインへ連れて行ったことがありました。上が15mm,下が16mmで撮影したものです。いくら余計なものを省いていくのが撮影の極意だと言われても、旅行者としてはすべてを入れたいもの。特にサクラダファミリアのような巨大な建造物だとその巨大さを実感するためには全体を入れる必要があると思います。

そんなときには広角が断然力を発揮します。

DSC07560.JPG

SONY DSLR-A550,22 mm(35mmF), 0.013 sec (1/80),f/13.0,ISO200,0 EV,2011:08:23 01:07:54,[original] [Map]

DSC07573.JPG

SONY DSLR-A550,24 mm(35mmF), 0.2 sec (1/5),f/5.6,ISO200,0 EV,2011:08:23 01:14:05,[original] [Map]

これから、お花見シーズンです。桜たちを目いっぱい入れてみたいと思います。

13942-2260-292216

コメント

タイトルとURLをコピーしました