【PR】小さな感謝をオンラインで贈ろう!

「ありがとう」って、耳に気持ちの良い響きのある言葉ですよね。韓国語では감사합니다(カムサムニダ)、고마워(コマウォ)で、私は고마워の響きが好きです。特にドラマで出てくる可愛いヒロインがイケメンの男の子に고마워って云うところは萌えてしまいます。

言葉で伝えるのは必要ですが、そこにちょっとした贈り物をしたい場合がありますよね。良く会う人には感謝の言葉と贈り物を手渡しできますが、遠くの人とかネットでのやり取りがメインの人の場合はどうしても文字だけの感謝だけになってしまいがち。

そこをもうちょっと、気持ちを伝えたい時に覚えておきたいオンラインサービスがあります。

logo

giftee」というソーシャルギフトサービスがあります。今回、ブログタイムズさんより『500円割引コード』をいただきましたので、早速試してみました。送り先は私の奥さんです。コーヒー好きなので「スターバックス ドリンクチケット 500円」を贈ってみました。

gifteeとは   ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ)

上にあるように送り先となる人のFaceBook、twitter、メールなどで繋がっていれば贈り物ができます。リアルな住所を知らなくてもOKです。

一覧

贈り物として選択できるものはスタバ以外に、ファミマのお買物券やフォトブック、電子書籍などがあります。

また、無料で贈れるお試しギフトもありますので賢くチョイスしましょう。

オーダー内容の入力   ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ)

早速オーダーしてみます。FaceBookを選ぶと下に友達のアイコンが並びますので選択します。twitterもフォローしているアカウントが現れてきます。当然、連携をさせておく必要はあります。メールの場合はオーダーするとURLが払い出されるので、そのURLをメールに貼りつけるという形になります。

カードデザインgiftee(ギフティ)

ギフトカードのデザインも上のように選ぶことができます。

オーダー内容の最終確認

入力を進めていくと最後にこんな感じで確認を求められます。右上のところが相手に贈った時にカードを開いたプレビューになっています。

田中昭一   To  Yuki Tanaka スタバのギフトカード贈るね。これでほっこりしてください。

相手のFaceBookにはこんな感じで現れます。

何か相手に感謝の言葉と気持ちを形に表したい時に、「giftee」というソーシャルギフトサービスを選択肢の一つとして覚えておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました