ソニー walkman 新Aシリーズ イベント

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)

SONY ウォークマン Aシリーズ 64GB NW-A847
B002P67UWI

ソニー ウォークマン新Aシリーズをご紹介いただくイベントに参加しました。

ウォークマンはカセットテープ時代に使っていてそれ以来、使っておりませんでした。
現在は競合製品を愛用しています。

それで、今回のイベントに参加させていただきウォークマンに対する印象を新たにしました。明確に音に対するこだわりとデザインへのこだわりを感じさせてくれました。

みんぽす

ウォークマン

上の写真はA840シリーズとS640シリーズを一堂に会した展示。カラフルできれいですね。

音質へのこだわり

 新Aシリーズ 高音質への挑戦

私は通勤電車で携帯音楽プレイヤーを使っていますが駅のアナウンスはとにかくうるさい!!イヤフォンで聞いている音楽が聞こえなくなるほどの音量でわかりきったアナウンスを繰り返している。さらに車内でのアナウンスも駅の構内ほどではないけどうるさい。騒音だらけというのはとても同意します。

Digital Noise Canceling(DNC)

そんな騒音をシャットアウトするのが、ノイズキャンセル機能。イヤフォンに付属しているマイクから拾った外部の音=騒音を耳の鼓膜に届くまでの間に打ち消すことが出来るキャンセル信号を計算して音楽信号に混ぜる。この一連の計算をワンチップでやらせているのはソニーが唯一(2009/10/4時点)とのことです。

実際にA840で音楽を聴いているときに部屋の中を騒音をかなり大きく流すという実験をしていただけましたが、ほぼ騒音はカットされてクリアーな音楽のみの音を楽しむことが出来ました。これは私にとっては初めての体験で目からうろこ状態でした。

このノイズキャンセリングは通勤電車の中で語学学習をするのにも非常に有効です。ヒアリングしている時に「次は田園調布~」なんて車内アナウンス流されると気は散るし聞き取りにくい。そんな車内学習環境を劇的に改善するのが、このノイズキャンセリング機能。いゃ~いいわ、これ。

S-Master搭載

音質の方もフラグシップのAVアンプに搭載されるs-masterをワンチップにして搭載しています。フルデジタルで最後の段階でしたかアナログにならないので音質悪化の要素を極力排除している思想です。実際にあらかじめ格納されている音楽を聞きましたが、とてもいい音です。ぜひ、借りて比較したいものです。

デザインへのこだわり

とってもスリムでおしゃれな外観です。そのデザインを実現するには製造上の課題もありました。

A840シリーズA840シリーズA840シリーズ

なかなかスリムでしょ。でもね、作るにはちょいとコロンブスの卵が必要でした。

SLASHデザイン製造上の課題SLASHデザイン実現策

 

 

 

 

 

連携機能

プレイステーション3やブルーレイディスクなどと連携するのはソニーならでは。その中でも私の興味を惹いたのがこれ。

CIMG0521.JPG

字幕の付け方

上の写真のように時間と字幕に流すテキストを入力したファイルを一緒にウォークマンに入れておいてテレビにつなげると、たとえばオバマ大統領の演説にあわせて英語字幕が流されるという仕掛け。

歌詞を入れておけばカラオケになるという仕掛けになります。

私が思いついたアイデア、たとえば、太王四神記のタムドクの名セリフ、

  1. 「死ぬな、命を捨てるものはいらない」
  2. 「おまえのいるところが宮殿だ」

をペ・ヨンジュンの生声で流して、そこに韓国語字幕が表示されると勉強になりますよ。あざとい商売としては、「ペ・ヨンジュン」モデルとか作って、10種類くらいの名セリフをランダムに一つだけ入れておく。ついでにタムドクの勇姿の写真をアルバム写真代わりに入れておく。

全てのセリフを聞きたい人は10台以上、大人買いしてね・・・というのはあまりにも悪どいので、他の購入者と交換できるようにすればペ・ヨンジュンのファンの間でウォークマンが広がると思うけどな~。

上のように思ったのは、iPOD NANOがクリスマス・プレゼントで欲しいという娘にウォークマンもいいぞと心変わりを迫ったら、あっさりと絶対嫌といわれたから。ウォークマンがもっと広く売れるためには機能で優れているばかりではなく、利用シーンを提案して魅力ある使える可愛いヤツと思われないといけないと思ったから。

私的には韓流ドラマの名言集の韓国語字幕付きサービスをやって欲しいな。いかがですか、ソニーさん。

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

コメント

タイトルとURLをコピーしました