Giga Pocket Digitalは家電を超えられるか?

Giga Pocket Digitalのフィードバック・ミーティングに2010/8/1参加してきました。最初はこんな感じで和やかムードで始まったのですが、

12154-2260-177872

DSC01625.JPG

こちらの従来のバージョンよりも起動性能を改善したというプレゼン資料で厳しい意見が続出しました。

起動性能改善

写真が見にくいので補足すると、下段のV3.0では2.0と比較すると起動して最初の画面が表示されるのは2秒弱で同じなのだけどチャンネルや番組情報を新たに表示するようにしてユーザが待たされるという感じを和らげる考慮をして、次に番組が表示されるまでの時間を12秒から7秒へ5秒短縮できているというもの。

ここで、あちこちから物言いがつく。確かに私もGiga Pocket Digitalを起動して、この資料のような速度を体感したことはなかった。

そこで再度、測定してみる。すでにWindows7が起動していて十分に時間が経過している状態、かつ、一度以上Giga Pocket Digitalを起動している環境では確かに起動してから2秒で画面が立ち上がってそれから5秒経過したところで番組が視聴できました。

次にWindows7を再起動させて、タスクマネージャーでCPU使用率が10-20%程度でGiga Pocket Digitalを起動すると最初の画面が表示されるのに70秒、番組が表示されるのにさらに10秒必要でした。さらに、再起動して今度は20分程度放置。その後に起動すると最初の画面が表示されるまでに4秒、番組が表示されるまでに9秒でした。 おそらく、起動直後は様々なソフトがバックで動いているので並列動作となり遅くなるようです。

さらに、Giga Pocket Digitalを起動したままスリープさせてから復帰までの時間を測定。15秒程度で番組の表示までできています。

結論としては家電並みの起動時間を期待するならスリープを使う、シャットダウンはしないということになります。特に朝の忙しいときにニュースやら天気予報、交通情報を確認するということをやるにはちんたらWindows7を立ち上げて・・・なんてことは現実的ではありません。スリープから復帰して視聴するというのが正解です。

ソニー(VAIO) VAIO Jシリーズ J118 Win7HomePremium 64bit Office2010 マットホワイト VPCJ118FJ/WI B003QLX7NM

12154-2260-177872

コメント

タイトルとURLをコピーしました