【韓国映画】コンフィデンシャル/共助

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。また、記事には広告を含むものもあります。ご了承ください。

あらすじ

北朝鮮からスーパーノート(100米ドルの偽札)を印刷するための銅板を持ち出した犯罪組織のボスと銅板を取り戻すために来挑戦と韓国の刑事が共同して捜査を行うというストーリー。

スタッフ・キャスト

監督:キム・ソンフン
脚本:ユン・ヒョンホ
撮影:イ・スンジェ

イム・チョルリョン:ヒョンビン 北朝鮮のエリート刑事
カン・ジンテ:ユ・ヘジン 韓国の熱血刑事
パク・ミニョン:ユナ
チャ・ギソン:キム・ジュヒョク スーパーノートの銅板を持ち出した犯罪組織のボス

コンフィデンシャル/共助 みどころ

アクションシーンがとにかくテンポ良くて見ていて気持ちがスカッとします。

アクションシーンの中で一番オススメはこちら↓の追跡です。肉体を使ったマンチェイスとも呼ぶべきシーンで、こんなことやってよく生きていられるなと思うくらいのアクションシーンとなっています。

その次はやはりカーチェイスです。トンネル内の カーチェイス ですが、よくぞ撮影許可が出たよなという感じ。

ヒョンビンの格好いいところばかりではありません。熱血刑事の ユ・ヘジン も頑張っています。

そして、どういう訳かヒョンビン扮するイケメン刑事は カン・ジンテ の家にお泊まりすることに。

そこには カン・ジンテ の義妹パク・ミニョン(少女時代のユナ)がいるのですが、 イム・チョルリョン に一目惚れ。

そんな パク・ミニョン に カン・ジンテ は彼女がいますと言ってしまうのですがね。その彼女は犯罪組織のボスに殺されているわけで。

そんな片思いする パク・ミニョン(少女時代のユナ) のシーンがこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました