舞台版「宮廷女官 チャングムの誓い」

記事内に広告が含まれています。

日生劇場で平成19年12月3日(月)~26日(水)公演される、舞台版「宮廷女官 チャングムの誓い」を予約してしまいました!!

チャングムが菊川怜ということで私的にはパスしていたのですが、うちの奥さんが観にいこうという一言で家族3人で観にいくことになりました。最初は一番安いC席(4000円)で取ろうとしたのですが、あまりにも2階の奥ということで、B席(8000円)で手を打ちました。家族3人で24000円・・・・。2階席の一番前のほぼ真ん中ということでまあ、いいかーと自分を強制的に納得させています。

観る観点としては、

  1. 54話という長いチャングムのドラマをどのように舞台で見せるのか?
  2. 菊川怜のチャングムはどのような女性として役作りをしているのか?
  3. 宮中が主体のドラマと言え、済州島のシーンはどのように描くのか?
  4. 疫病の村で取り残されたチャングムを火事の中で、チョンホが救い出すシーンはあるのだろうか?

うちの娘の反応も気になるところ。あっ!!そうそう

チャングムの幼い時代はやらないのかな・・・・。

宮廷女官チャングムの誓い (特別編)
edit

宮廷女官チャングムの誓い (特別編)

日本放送出版協会
¥ 945 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
ムック
在庫切れ
(価格・在庫状況は12月18日 15:29現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました