シークレット・ガーデン 第17回「人魚姫の選択」吹替え版

今回のシークレット・ガーデンは大きな展開があった回でした。ジュウォンの母親ブノンによる圧力とオーディションの合格によりジュウォンとライムの運命が大きく動いた回でした。

シークレット・ガーデン メイキング プラス+ [DVD]
B008XPWFAM

 

最強母、ブノン 威力を見せ付ける

シークレット・ガーデンにおいて最強の母であるブノンにとってジュウォンから想い人であるライムを引き離すことと、息子であるジュウォンを愛していることは全く矛盾していない。ライムはジュウォンにとって弱点になると信じており引き離すことが長い目で見てジュウォンのためになると信じて疑っていない。

ブノンから見たジュウォンは上流階級でしっかりとポジションを持っていて、事業家としても成功しているというジュウォン。ジュウォンの配偶者として貧乏人のライムがなってしまうと上流階級でうまくポジションを取れないことになるし、配偶者の人脈も活用して事業を拡大していくこともできない。

だから、ブノンにとってはライムをジュウォンの周辺から排除することは合理的な判断。ジュウォンがライムと別れることによる心の傷はストレス耐性が強靭なブノンにとっては夢にも気付かない。悪気なくジュウォンにとって不幸なことをやっている。

ブノンが取った打ち手は以下の通り。

  1. ライムの父親がジュウォンを13年前の事故から救った消防士だと分かったと瞬間に、ライムにすきなだけお金をあげるからジュウォンを諦めるように強い要請(脅迫)をする。これはライムに父親のことを盾にとってジュウォンを束縛する策を防ぐための動き。
    ライムにとってはそんなことは露ほど思っていないけどブノンにとっては相手の弱点を突くことは常識だから先制して動いたもの。
  2. ブノンはライムに対する直接攻撃はライム自身が耐え忍ぶということで凌いでしまうことを認識するや打ち手を変えて、ジュウォンを攻撃することに切り替える。ライムにはっきりと分かる形でジュウォンを責め立てることによりライムが身を引かせようとする作戦。
    その具体的な内容は臨時株主総会によるジュウォンの社長解任。これによりジュウォンの経営者としての生命を抹殺するとライムに脅迫。案の定、ライムは「泡のように消えて見せます」と言って白旗を上げる。

B009WML5DS
ジュウォンがライムに贈ったMyoo(ミュー)

 

嬉しさと悲しさの両面

ジュウォンがチャーター機まで準備してライムのために特別なオーディションを設定したことが功を奏してライムは「ダーク・ブラッド」のオーディションに合格する。奇跡のような出来事の嬉しさとブノンからの言葉の間で揺れるライム。

直接ジュウォンにお礼を言える距離から携帯電話をかけてオーディションに合格した報告をジュウォンにするライム。二人の電話で応対する表情の違いに切ない感じが出ていました。


スターアベニュー近辺がロケ地。

泡のように消える決意

「ダーク・ブラッド」の撮影が始ま。緊張しまくりのライムにアヨンは優しく励ます。そして、「夢を買わない?」って不思議なことを口走る。ジュウォンとライムともう一人の三人が登場する夢で花びらのお茶を飲んでいて赤い花びらが降ってくる夢だと言う。

そして、カーアクションのシーンの撮影が開始される。順調にカーアクションをこなしていくライム。悲劇は最後に起きた。強引に撮影現場に入り込んだ車を避けようとしたライムの車は激突してしまう。ライムは意識不明。

ライムが意識不明の状態で2週間過ぎた時、ジュウォンは決意をする。「泡のように消える決意」を。

シークレット・ガーデンで最大の切ないシーン。ライムが「不思議の国のアリス」の本に挟み込んだ、泡のように消えるという書置きを読んで涙するジュウォン。

眠り続けているライムを病室から連れ出し車に運び込む。ジュウォンは助手席で眠るライムを見つめ、雷光が落ちている地平線を・雨を目指して車を発進させる・・・。

韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」オフィシャル・ガイド 後編によれば、病室からライムをお姫様抱っこして出ていくシーンで、なんだか笑えることがあったようで、ヒョンビンが笑ってしまって力が出ずにベッドにハ・ジウォンを置いてしまい二人とも爆笑している写真が掲載されています。

切ないシーンの裏側でこんな笑いがあったんですね。

次回は雨によってまたまたジュウォンとライムが入れ替わりますが、今までとは違いかなり悲しい入れ替わりです。どんな人間模様が描かれるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました