チャングム 母の愛とこころざし

チャングムの感想をアップしているブログを読んでいて、私がとても大きなテーマに気付いていないことに気付き補足でエントリーするものです。

イ・ヨンエ(宮廷女官・チャングムの誓い) 2006年度 カレンダー気付かせていただいたブログは琴音の徒然草のチャングム、天然痘と戦う!です。忘れていた大きなテーマは「母の愛」です。

どうして、気付かなかったのかなーー。今回のお話で母の愛を示した人たちは

  1. 皇后様
  2. トックの妻
  3. チャングム

特に皇后様は今回は出演シーンも多く、母の愛を示す(→イクピルへ)という重要な役をこなしました。

皇后も人の子、自分の息子のこととなると、なりふり構わず行動する、伝染することを恐れず、地位の低いチャングムに謝ることを厭わず必死に息子の助かる道を探して行動する姿・・・。

ドライなトックの妻も二人の子供を病気で亡くしていて、チャンドクが配っている薬を見てこれを飲んでいれば自分の二人の子供も亡くさずにすんだのかとぽつりとつぶやく顔に母の姿を見た。

チャングムは「これガ自分の仕事だから」と言って、感染する危険を顧みずただ、治療することのみに必死となっている。全ての子供たちの母となっている。

母のモチーフは第4話「母の教え」、第21話「野いちごの味」、第37話「母・皇太后」で語られる。繰り返し母の愛が語られている訳だ。

さて、もう一つの「こころざし」だが、チョン最高尚宮(チェゴサングン)、ハン尚宮(サングン)のこころざしをチャングムが継いでいくわけだが、チョンホもまた不正を許さず「行く手を阻まれている優秀な人材を適材適所に配置する」というこころざしを持つ。そして、今回は中宗もまた、国の改革を進めるということで「こころざし」を持っていることが明らかとなった。このそれぞれのこころざしを持つ3人が今後どのように絡んでいくのか、これがキーとなる。

コメント

  1. 料理でも、医術でも、どんな職業でも 志とそして母の愛は大切ですよね。
    私の仲間のおじさん達は うまいものばかり食べているって言うのに・・・
    「おふくろのおにぎりにはかなわないんだよ~」ってよく言ってます。
    女性より男性のほうが 母の愛に気付きやすいのかも(笑)

  2. stanaka より:

    おこちゃんさん、こんにちは!
    >どんな職業でも 志とそして母の愛は大切
    まさに、そのとおりだと思います。これらを忘れてしまったときに破滅や倒産ということにきっと直面するのでしょうね。
    やはり、男性は母親には特別の感情を持ってしまいます。いつまでたっても、甘えたくなる存在なんです・・・。

タイトルとURLをコピーしました