キヤノン PowerShot G7 Xで「横浜山手西洋館ハロウィンウォーク2014」を撮る!

今年も「横浜山手西洋館ハロウィンウォーク2014」に行ってきました。素敵な内装と参加者の仮装を楽しんできました。撮影はWillVii社からお借りしたキヤノン PowerShot G7 Xです。

17859-2260-295108

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X
B00NM0W8HS

 

エリスマン邸

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.02 sec (1/50),f/4.0,ISO200,0 EV,2014:10:26 11:21:13,[original] [Map]

 

イギリス館

イギリス館のテーマは「ウィン・ウィン ハロウィン2014」 、コーディネーターは荘シルビアさん。

イギリス館

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.017 sec (1/60),f/2.8,ISO320,0 EV,2014:10:26 10:23:21,[original] [Map]

イギリス館

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.003 sec (1/400),f/4.0,ISO160,0 EV,2014:10:26 10:14:54,[original] [Map]

イギリス館

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.01 sec (1/100),f/4.0,ISO250,0 EV,2014:10:26 10:14:21,[original] [Map]

イギリス館

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.033 sec (1/30),f/1.8,ISO250,0 EV,2014:10:26 10:16:56,[original] [Map]
17859-2260-295108

続きを読む

キヤノン PowerShot G7Xで七里ヶ浜の小さい秋見つけた!

キヤノン PowerShot G7Xを持って七里ヶ浜へ行ってきました。七里ヶ浜でハロウィンのイベントがあるというのを聞いて行ったのですが、ハロウィン以外にも素敵な小さい秋を見つけてきました。

17859-2260-295106

2014 七里ガ浜ハロウィンフェスティバル

地元の人たちがこつこつと作り上げたハロウィンという感じがして、とにかく盛り上げようというパワーを感じました。

スリラー

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.002 sec (1/500),f/4.0,ISO250,0 EV,2014:10:25 11:13:08,[original] [Map]

仮装してのスリラー。みなさんで練習したのでしょうね、ばっちりと決まっていました。

日本エレキテル連合

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/1250),f/4.5,ISO250,0 EV,2014:10:25 10:51:11,[original] [Map]

ツタンカーメン

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/800),f/4.0,ISO250,0 EV,2014:10:25 10:43:29,[original] [Map]

仮装もばっちりと決まっています。

パレード

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/1250),f/2.0,ISO250,0 EV,2014:10:25 11:22:47,[original] [Map]

 

パレードもありましたよ。子供たちと大人たちが楽しそうにパレードしていました。土地柄か路上駐車しているベンツのワゴンはパレードの邪魔なので速やかに移動してくださいというアナウンスがあったのには笑ってしまいました。

周りのお店は子供たちのためにキャンディーを用意していました。子供たちはキャンディーをくれるお店がリストされた地図を持って回っていましたよ。

七里ヶ浜の小さい秋

七里ヶ浜と聞くと海というイメージがありますが、山の方へふらふらと歩いて行ったら素敵な秋を見つけました。

桜のプロムナード

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/800),f/4.0,ISO125,0 EV,2014:10:25 11:28:44,[original] [Map]

緑のプロムナード

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/1250),f/6.3,ISO125,0 EV,2014:10:25 11:35:55,[original] [Map]

ハロウィンイベント会場の桜のプロムナードから緑のプロムナードへ歩いて行きました。抜けるような青空とお家の壁にあったさりげない秋がいいですね。

七里ヶ浜の猫

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.01 sec (1/100),f/4.0,ISO200,0 EV,2014:10:25 11:49:59,[original] [Map]

きれいな三毛猫が枯れ葉の上を歩いていました。

秋の空

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/2000),f/2.8,ISO125,0 EV,2014:10:25 12:24:53,[original]

寂しげな木々。

紅葉の始まり

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.005 sec (1/200),f/2.8,ISO500,0 EV,2014:10:25 12:31:14,[original]

紅葉が始まっています。これからきれいに色づいていくのでしょうね。

木漏れ日

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/800),f/1.8,ISO125,0 EV,2014:10:25 12:31:46,[original]

秋の日差しを感じさせる木漏れ日。

落ち葉

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.001 sec (1/2000),f/1.8,ISO125,0 EV,2014:10:25 12:49:14,[original]

もうすぐ冬になるね~。

キヤノン PowerShot G7Xはコンデジにありがちな作ったような鮮やかすぎる色ではなく、落ち着いた自然な色づくりです。なので、秋がとても自然な色で撮れます。いいですね~。

17859-2260-295106

韓国映画「慶州」観ました~

「コリアン・シネマ・ウィーク 2014」 で上映された「慶州」を鑑賞しました。ちなみに韓国文化院の招待ということで無料で観ることができました。他にも申し込んでいたのですが当選したのはこれだけでした。

でも、好きな女優さんであるシン・ミナちゃんが出ている映画なので満足です。

■ 監 督 : チャン・リュル
■ 出 演 : パク・ヘイル、シン・ミナ
2014年の作品

韓国映画「慶州」のあらすじ

北京大学で教授をしている先輩の葬式にやってきたチェ・ヒョン(パク・ヘイル)は、先輩と行った慶州に衝動的に向かう。

慶州の伝統茶屋「アリソル」で見た春画を見たさに7年ぶりに訪れるがオーナーは変わっていてかつ春画は壁紙を上から貼られて見えない。

今のオーナーは慶州の女神と仲間内から呼ばれているように美しいユニ(シン・ミナ)であった。

最初は春画を見たさにやってきたということからユニから変態と思われたチェ・ヒョンだった。そのチェ・ヒョンが再度もお茶屋を訪れて日本人観光客の相手をしたりしているうちにユニとその仲間とでお酒を飲むことになる。

そして、遅くまで飲んだチェ・ヒョンはユニの部屋に泊まることに・・・。

韓国映画「慶州」の不思議な点

チェ・ヒョンが元カノのヨジョンを呼び出しますがそのヨジョンが占いを見てもらった老人だったが翌日に同じ占いやを尋ねると女性であり老人は幻の存在。

そして、ヨジョンは別れ際にチェ・ヒョンが自分を撮影したスマホの写真を削除しているのも思わせぶり。ヨジョンは本当は亡き人なのか。

最後に春画が飾ってあった伝統茶屋「アリソル」のシーンが出てくるけど、後日談で春画を観客に見せているのだと思っていたのだけど、ググると映画時評 韓国映画 慶州(キョンジュ) 観ました – 飛耳長目 国際紛争の心理 – Yahoo!ブログでは7年前にチェ・ヒョンが先輩と一緒に春画を見たシーンだと書いている。

そうだとすると、7年前もお茶屋の女主人はユニであることになる。7年前にユニとチェ・ヒョンは出会っていたことになる。両方とも記憶をなくしているのか・・・。

あと、不確かなんだけどチェ・ヒョンがユニをスマホで撮影して、撮った写真を確認しているシーンがあるのだけどユニが写っていなかったような気がする。

DVDが出たら再度見直しをしなくてはいけない感じがする。不思議な映画。

それと、慶州のお茶屋さんへ行きたくなりました。まあ、シン・ミナちゃんのような美人はいないでしょうけどね。

■慶州で過ごした、美しくも不思議な1泊2日旅行!|韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!に書いてありましたが伝統茶屋「アリソル」は実在するお茶屋さんなので本当に行けるんです。

ハービー・山口写真展@東京カメラ部 THE GALLERY に行ってきました!

東京カメラ部を運営しているWillVii社が原宿にオフィスを移転して、ギャラリーも併設しました。

その東京カメラ部 THE GALLERY のオープニングはハービー・山口先生写真展~人が人を撮るということ~「ストリートスナップの今日と未来」です。

本日、お借りしていたキヤノンのPowerShot G7Xを返却するついで(ごめんなさい)に覗いてきました。

image

WillVii社の塚崎社長とスタッフの池端さんのお二人からお話を伺いながら写真鑑賞するという贅沢な時間を過ごさせていただきました。

写真展のポスターになっている写真はピントが主役の2人に合っていないとかちょっと斜めになっているなんてことはどうでもいいくらい、被写体の2人の人物と背景の風景がとても力を感じさせるもので、とっても格好いい作品になっています。

image

また、一角にはネガベタ焼が置いてありライトボックスでじっくりと見ることができます。撮影の過程やセレクションなどがうかがい知れることができます・・・と偉そうに書きましたが私にとっては猫に小判状態です。
フィルムやっている人にとっては宝の山ではないでしょうか。

image

さりげなく人を撮っているように見えるのですが、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージがいたりするだけではなく、ブランコの瞬間、両足が地面から離れている瞬間といったのもさりげなく切り取っている。
主張しないのだけど、じんわりと効いてくるという感じ。

image

そして、こちらの左の写真が私の心を射ぬいた写真です。じっと、レンズを見据えている眼差しからカメラマンと知り合いの人であることがなんとなく感じられます。
でも、眼差しには緊張感が感じられます。この緊張感が何に由来するのかわかりませんでした。

それを解説してくれたのが塚崎さんでした。初恋の人を撮ったものだそうです。全部で3回デートしたそうです。おそらく、三回の内の最初の方のデートなんでしょうね。まだ、どういう距離感で接したらいいかわからない戸惑いが眼差しの緊張感に出ているのでしょう。

この空気感を撮れるチャンスは一生のうち何度もないでしょうね。すごいです。

日時:10/17-10/31・午後12時~午後8時(土日オープン。火曜日休館)
場所:渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビル3F 東京カメラ部 THE GALLERY
入場:無料

最終日10/31金曜日にはハービー・山口先生が在廊する予定だそうです。15時くらいからラストの20時までいらっしゃるとのことなので、もう一度行ってみようと思っています。

第3回 韓国現代小説 読書討論会『設計者』

第3回 韓国現代小説 読書討論会に参加しました。今回の課題図書は設計者 (新しい韓国の文学)です。550ページを超える分量でかなり厚い本です。

設計者 (新しい韓国の文学)
4904855167

 

モデレータと参加者

モデレータは今回の課題図書である「設計者」の出版社である株式会社クオン 代表取締役 金承福さんでした。

参加者は20名弱。その中には訳者のオ・スンヨンさんと編集者の中川さんも参加しているという豪華な顔ぶれです。他の参加者の方も韓国語で原書を読むという講座に参加されている方を始めとしてかなり深く読み込んでいる方々ばかりでした。

「設計者」とは?

主人公のレセンは暗殺者であり、その暗殺者にどのような手順で暗殺を実施するのかをデザインして渡すのが設計者。

そんな環境で暗殺者として生きていくレセンを描いたのが本書です。

 

コメントや感想など

原題は「설계자들(設計者たち)」と複数形なのですが日本版では「설계자(設計者)」となっています。編集者の中川さんによると日本語では文脈で単数形か複数形かはわかる場合が多いこと複数形にしてしまうと意味として狭めてしまうためあえて設計者として単数形でも複数形でも読み取れるようにすることにしたことにより奥行きが出るようにしたとのこと。
本文中にも複数形が使われていて訳者は正確に訳したけど、編集者としてカットした箇所は結構あるとのこと。

設計者がターゲットを殺す計画を設計して、暗殺者が暗殺するという内容から軍事政権下の時代にシステムが出来て現代まで続いているんだろうなと云う推測している参加者がいました。

これに関連して韓国でこの小説の読者は現実にもあると思って読んでいるのかどうかという議論となり、大勢は思って読んでいるんだろうという結論に傾きました。

キムチとかニンニクの匂いがしない作品で、登場人物の名前も韓国らしくない。国籍不明の小説で全世界をターゲットとしているような小説。

司書が常に編み物をしているのは殺人の設計は編み物と云う言葉があることから書いているんだろうなと云う意見あり。

最後に主人公であるレセンは設計者の設計した通りには動かず自分のやり方でやろうとしたのは人生の設計を自分自身で行ったというように言えるのではという指摘があっのにはうなりました。

多くの人が一気読みしたと語っていて、確かにさくさくと読んでいける作品でした。

週末を彩る「ホリデー」ブロガーイベントに参加!

恵比寿ガーデンプレイス内にあるcookpadさんの新オフィスにて、お出かけプラン共有の新サービス「Holiday」に関するブロガーイベントが開催されました。

Digital Life Innovatorの運営者であるmasaさんよりお誘いいただき参加してきました。

お出かけプラン共有サービス「Holiday」

Holiday ホリデー

お出かけプラン共有サービス「Holiday」は日本最大の料理レシピサイトを知られるcookpadが運営しているサイトです。

元々は学生が立ち上げたサービスで、そのサービスを立ち上げた学生たちがサービスごとcookpadに入社したというもの。

休日の過ごし方ってもっと色々あってもいいじゃない。お金を使わない楽しみ方だってあるはずということで、みんながお薦めするスポットを共有しようよという考え方から生まれたサービスです。

サービスを提供している人はこんな人

今回、紹介してくれた谷 里穂さんは今年入社したピカピカの新人さんですが、とても新人とは思えない堂に入ったプレゼンをしてくれました。

プレゼンテーション開始

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.013 sec (1/80),f/2.8,ISO800,0 EV,2014:10:20 20:00:46,[original]

谷

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.033 sec (1/30),f/3.2,ISO250,0 EV,2014:10:20 19:29:30,[original]

 

超キュートな女性でした。さらに、会社に入るまでは料理はしなかったという彼女が作ってくれてみんなに振る舞ってくれた料理がこちら。

鶏肉ときのこ

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.033 sec (1/30),f/2.0,ISO125,0 EV,2014:10:20 19:37:48,[original]

鶏肉ときのこにトマトソースがかかった料理・・・料理名は忘れたorz。さすが、レシピサイトを運営する会社です、あっというまに料理上手な人に育て上げるみたいです。

クックパッド社内

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.02 sec (1/50),f/4.0,ISO250,0 EV,2014:10:20 19:22:44,[original]

こんなだだっ広いキッチンスペースを持っていて、社員の方が夜食を作っていたりしていました。

「Holiday」使ってみたら

Holidayお出かけプラン

ふたつのプランを作っています。そのうちの「鎌倉 ハイキング 大仏コースの一部」をお見せしましょう。

鎌倉 ハイキング 大仏コースの一部   Holiday

 

スポットの紹介+そのスポットのおすすめポイントという組み合わせで複数のスポットを作成できます。

スポットの作成には地名もしくは住所を入力するとGoogleと連携して画像を引っ張ってきてくれます。もちろん、自分が撮影した写真をアップロードすることもできます。

二つ以上のスポットの登録と全体プランのタイトルと概略説明を入力すれば公開できます。一番下には距離的に近いお出かけプランを自動的に一覧にしてくれています。

「Holiday」はどんな夢を見る?

12月にはスマホ用のアプリがリリースされるそうです。そうすると、もっとアクセスする人が増えそうですね。

お出かけしている最中に各スポットで撮影した写真とコメントがうまく取り込んで「Holiday」に最終的に公開されるととってもうれしいんだけど。

現時点では投稿者に便利な機能を作り込んでいる最中で、コンテンツが増えてくれば参照者のための検索機能を充実するという計画だそうです。

あとはどのようにマネタイズするかですね。ショップやレストランの広告というシステムで行くのかな???

今後に期待したいと思います。

BenQ W1070+でテレビ鑑賞

WillVii社からBenQ  W1070+をお借りしています。テレビの番組を鑑賞してみました。

17866-2260-295073

IMG_1768.jpg

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.033 sec (1/30),f/1.8,ISO640,0 EV,2014:10:21 21:27:30,[original]

70インチの自立型スクリーンもお借りしていて、そのスクリーンに投射して鑑賞しました。

BenQ W1070+とは

W1070+は、フルHD(1920×1080)の高解像度で、高輝度2200ルーメンの明るさと、高コントラスト比10000:1を実現しているプロジェクターです。

確かに部屋の蛍光灯を付けていても楽に見れるくらいに明るいプロジェクターです。

IMG_1786.jpg

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.017 sec (1/60),f/1.8,ISO160,0 EV,2014:10:21 21:45:01,[original]

重量は約2.75kgですのでひと昔のノートパソコン並の重量ですので、持ち運んで苫立ちの家で映画鑑賞会というのもなんとかできそうです。
例えば写真撮影会した後のみんなで講評するときにも、会場に持ち込んで使えそうと感じました。

入力源は

入力端子としては、

HDMI端子(v1.4a)x2(内1つはMHL対応)
コンポーネント端子(RCA)x1
ビデオコンポジット端子x1
ミニD-sub15ピンx1
オーディオRCA端子(L/R)x1
オーディオミニジャックx1

が用意されています。

IMG_1792.jpg

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.013 sec (1/80),f/1.8,ISO125,0 EV,2014:10:21 21:47:29,[original]

一通りそろっているので様々なデバイスに接続可能ですね。

画像サイズとピントの調整

IMG_1791.jpg

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.017 sec (1/60),f/5.0,ISO800,0 EV,2014:10:21 21:46:58,[original]

手前のリングが画像サイズを変更するもので1.3倍まで可能です。奥のリングがピント調節となります。

台形補正

もちろん、台形補正も可能で、縦横台形補正機能(±30°)によりプロジェクターの設置位置に自由度が出ます。

IMG_1769.jpg

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.017 sec (1/60),f/4.0,ISO200,0 EV,2014:10:21 21:34:40,[original]

IMG_1790.jpg

Canon Canon PowerShot G7 X,8.8-36.8 mm,0.017 sec (1/60),f/1.8,ISO125,0 EV,2014:10:21 21:46:41,[original]

機器上面のボタンで台形補正を行うことができます。

モード変更

ピクチャーモード機能を持ち「シネマ」「標準」「明るく」といったモードを選択できます。

IMG_1776.jpg IMG_1777.jpg IMG_1778.jpg

 

「明るく」は結構明るくなります。標準とシネマはあまり差はなくなんとなく、私としてはシネマが暗くした部屋にはいいかなと思う感じです。

その他にはガンマ値を変えたり、ピクチャーモードをもっと詳細にコントラスト、輝度、彩度、色温度、シャープネスなど変更できます。とにかく、至れり尽くせりです。

お借りしたスクリーンに投射してテレビ番組を鑑賞すると大画面で見れて迫力があります。

サウンドもモノラルですが装備されていますので、オールインワンで使用でき、お手軽です。本当は本格的なオーディオも併用すればホームシアターになるんでしょうが、そこまでは試すことができませんでした。

17866-2260-295073

東方神起初となるコラボイルミネーションとな!?

東方神起初となるコラボイルミネーションがダイバーシティで実現だそうです。ダイバーシティ東京 プラザ2014のイルミネーションテーマは「未来 -future-」とのこと。

main

どんな風にコラボするかというと、ガンダムに東方神起が乗り込んで・・・ではなく、11月5日にリリースする東方神起のニューシングル「Time Works Wonders」が、“時は奇跡を起こす”ということわざで、イルミネーションテーマの「未来 -future-」に合致するということでコラボするそうです。

B00MXW5N5U

 

東方神起のニューシングル「Time Works Wonders」と連動して、楽曲やミュージックビデオを大型ビジョンで放映したりして、イルミネーションショーを盛り上げるそうです。

4Fエンタメスペースでは、 「Time Works Wonders」のミュージックビデオの世界観を感じられる展示がされるそうな。

東方神起ファンは堪らないですね~

奇皇后 第9回 「同胞の絆」レビュー

今回の奇皇后はふたつの勝利を描いていました。もちろん、誰にとっての勝利なんだというのは重要なんですが。

奇皇后 ―ふたつの愛 涙の誓い― Blu-ray BOXI
B00MBDTH9Y

 

ワン・ユの勝利

ヨム・ビョンスとの戦いでワン・ユは窮地に陥ったがスンニャンの幻が現れて、奇跡の逆転で勝利を得る。

まあ、あざとい演出ですが二人は遠く離れていても繋がっているということを示すエピソードなんでしょうね。

高麗出身の兵たちの指揮権を手にしたワン・ユは満足な兵器を与えられない環境で知恵を絞った戦いをしようしていた。

皇太后の勝利

皇太后は丞相に対抗するために、

  1. 皇后には世継ぎを産ませない
  2. 自分の息がかかっている側室に世継ぎを産ませる

という考えで行動している。今回では2の手が描かれている。

とにかく、皇太后は女官の中から候補を選び出し、そしてタファンに側室にせよと迫る。タファンにしてみれば丞相の怒りをかう行為に迷惑そうでしたが、やることはやって懐妊させることに成功する。

案の定、側室の解任を知った丞相はタファンに圧倒的な勢いで高麗でした約束を破っているとクレームをつける。

タファンは皇太后と丞相のこだわりに挟まれて右往左往状態。まあ、落ち着けば被らないと思います。

荒木経惟の写真集に心が震えた日

あなたは知ってる? 森山&荒木がすごいワケ by 飯沢耕太郎」に参加してきました。

飯沢耕太郎氏より森山大道と荒木経惟の写真集の解説をお聞きするワークショップに参加しました。

強烈な印象を持ったのが荒木経惟の「センチメンタルな旅―〔荒木経惟写真集〕 (1971年)」と「センチメンタルな旅・冬の旅」を並べた解説。

「センタメンタルな旅」は新婚旅行を撮っていますが、生→死→生という構造になっている。死を象徴するのが陽子さんが小舟に横たわっているシーン。ここからまた、生へ向かうのはセックスを経て歯磨きするという日常に向かう。

ちなみに写真の枚数は108枚。

4103800011

「センチメンタルな旅・冬の旅」は陽子さんが病に倒れ亡くなるまでの記録となる。この写真集も生→死→生というパターンを踏襲している。

棺の中に収められている陽子さんの姿が撮られているがこの角度が20年前に撮られたセンチメンタルな旅―〔荒木経惟写真集〕 (1971年)」の陽子さんが小舟に横たわっているシーンと同じ。

そして、当然、死に相当する部分が長く最後に生をイメージさせるのは愛猫チロがしっぽをピンと立て雪の中で跳ねている1枚・・・この説明を聞いた時に心が震えてしまいました!

世の中には本当にとんでもない人がいるものです。

解説を聞く前と後で写真集への自分の気持ちが大きく変わってしまったワークショップでした。